【奮闘記】包丁さえも握ったことない僕が、初めて一人で夜ご飯を作ってみたら・・・

スポンサーリンク










2017年8月2日

生まれて初めて、料理をしました。

今年で27歳を迎える僕。

料理の実力はと言うと、タイトルにもあるとおり、包丁さえも握ったことが無い「乳飲み子レベル」です。

昨夜は、そんな僕が初めて夜ご飯(というか自炊そのもの)に挑戦した、記念すべき夜でした。

なんで急に作ろうと思ったのか?

いつもご飯を作ってくれてる同棲中の彼女が、

彼女
私、アパレルで働くわ!

と言ってきました。

彼女は近くの接骨院で受付業務をしているのですが、どうやらそれに飽きたらしく、8月中旬からアパレルで準社員として働くことになりました。

ただその仕事は、遅番の時は帰宅するのが夜9時を過ぎるとのこと。

一方、僕が帰宅するのは、遅くても夜7時。

一足先に帰宅してるのに、彼女が帰ってくるのを「ご飯まだかな〜」とボーッと待ってるのは何か違う。

よし、良い機会や!先に帰った時は作るで!まあ、夜ご飯くらい出来るやろ!

大口を叩きました。

早速、練習開始

昨夜、急遽彼女が友達と夜飲みに行くことになりました。

練習するには絶好の機会です。

豚のしょうが焼き作るで!

記念すべき初料理に選んだのは「豚のしょうが焼き」。

理由は、冷蔵庫に豚肉があったから。あと、何となく出来そうな気がしたから。

はーなんかドキドキするで!笑

レシピ調べるで!

まずはクックパッドで作り方を調べました。クックパッドの存在くらいは知ってます。

いろいろ見てみた結果、以下のレシピを参考にしました。

豚ロース薄切り肉で柔らか生姜焼き

cookpad.com

書いてあるとおりに材料を準備。

材料

なんかワクワクしてきたぞ!

まずは包丁の使い方を調べる

小学生の調理実習で使って以来の包丁なので、ほぼ使ったことが無いに等しいのです。

だから、まずは包丁の基本的な使い方から!(基礎は大事やからな!)

「包丁 使い方」でググって、検索1位のサイトを参考にしました。

包丁の基本的な使い方/動かし方

白ごはん.com

初心者にもわかりやすく、大変参考になりました!

よし、これで玉ねぎ切れるで!

玉ねぎの切り方を調べる

クックパッドでは、いきなり玉ねぎを炒めるところから始まってます。

いやいや、まずそこまで到達できひん…。

まあ、レシピサイトに材料の切り方まで載ってませんよね…。

というわけで即行で「玉ねぎ 切り方」とググって、以下のサイトで学習しました。

玉ねぎの切り方(薄切り)

kikkoman.co.jp

動画まで載ってて、ほんまに懇切丁寧でした。ありがとうございます。

よし、これでやっと玉ねぎ切れるで!

玉ねぎを切る

やっと作業に取り掛かります。

ここまでで、すでに20分が経過。慣れた人ならもう完成してますね。笑

玉ねぎ切り方

さっきググって出てきたキッコーマンのサイトをしっかり見ながら、ゆっくり切っていきました。

2〜3分かかってようやく終了。

包丁こわかったよ…。

玉ねぎ切り方

豚肉の下ごしらえをする

「片栗粉をまぶせ」とクックパッドがおっしゃっているので、言うとおりにまぶします。

不器用やから、豚肉に片栗粉をまぶすだけでもちょっと苦労しました。

7〜8分くらいかかって何とか終了。ふぅー。

豚肉の下ごしらえ

調味料混ぜる

醤油、酒、みりん、砂糖、チューブの生姜で、タレを作りました。

▼素人にとって一番辛いのは、材料のこの書き方

「お好み」ってどれくらい??まったく検討つかへんし!

こういうのは、目安でいいから教えてほしいなあ…。

結局他のレシピを見て、7cmくらい入れました。大丈夫かな…。

生姜焼きのタレ

焼く!

やっとファイアーが登場します。

ここまで長かった。。

玉ねぎ炒める

くっつく豚肉と格闘しながらも、焦がすことなく何とか無事に焼き終えました。

開始から約50分、ようやく完成です。

やっと完成!

完成したので、皿に盛り付けました。

見た目は、結構普通です。可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

豚の生姜焼き

実食&感想

早速食べてみることに。

▼記念すべき初料理の感想はこんな感じ。

  • 生姜焼きじゃなくて、生姜”風味”の醤油焼き
     →生姜のチューブが目分量で失敗!てか味見するの忘れてた。
  • 肉がちょい硬い
     →心配性で入念に焼きすぎた
  • 何かが物足りない
     →理由は全然わからん

結果としては、大成功とは言えないレベルでした。

55点くらいでしょうかねえ。

(一番おもしろみの無い結末に…)

初料理を経てわかったこと

  • 美味しい料理を作れるって、すげー
  • 毎日料理を作ってくれてる彼女、すげー(ありがとう)
  • 何十年も毎日料理を作り続けてる世のお母さんも、やっぱりすげー(ありがとう)
  • コツコツやり続ければ、自分にも出来るかも?

まとめ

初めての挑戦って、かなりエネルギーを消費してヘトヘトになるけど、達成感が大きいからやっぱり良いもんですね。

また、毎日料理を作ってくれている彼女と実家の母親の大変さが知れたのも良かったです。

いつもありがとう!

ちゃんと続ければ自分にも出来そうな気がするから、今後もっと色んな料理を作ってみようと思います!

そして最後にもうひとつ。

今まで、テレビ番組で料理下手な芸能人に「ちゃんと味見しろよ…」とエラそうに言っててすみませんでした。僕も味見せずに失敗しました。

”人のふり見て我がふり直せ” ですよね…。

 

 

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です