エドシーランの3rdアルバム『÷(ディバイド)』のレビュー・感想・口コミ・評価

スポンサーリンク










どうも、バシくんです!

2017年3月3日、エドシーランの待望の3rdアルバム『÷(ディバイド)』がリリースされました。

早速聴いてみたんですが、かなりの傑作でした!!

というわけで、エドシーランの3rdアルバム『÷(ディバイド)』を聞いてみた感想&レビュー・口コミをまとめます!

エドシーランって誰?

1991年2月17日生まれのイギリスのシンガーソングライターです。

僕と同い年!!笑

2012年01月18日にリリースされたデビューアルバム『+(プラス)』が大ヒット。イギリスだけでなんと180万枚以上を売り上げました。

これで一躍有名になり、2014年6月にリリースされた2ndアルバムXは、その年英国で最もヒットした作品となりました。

デビューから2作連続で世界中で大ヒット!

そして収録曲の『Thinking Out Loud』は第58回グラミー賞のソング・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

今回リリースされた3rdアルバム『÷(ディバイド)』は、そんな勢いに乗っているエドシーランの待望のニューアルバムというわけです。

かなり期待できる作品であること間違い無しです!

スポンサーリンク

3rdアルバム『÷(ディバイド)』の感想

全体を通して非常に聴きやすいアルバム

初めてエドシーランを聴く人でもすんなり受け入れられると思います!

まずはこの『÷(ディバイド)』から聴いてみて、そこから2nd、1stとさかのぼって聴いていくのがいいかも!

1nd、2ndと共に大ヒットだったため、続く3rdについても周囲の期待が膨れ上がってプレッシャーを感じててもおかしくはないです。

しかし、実際はそんなことを感じさせないような高い完成度で仕上がってます。

才能に満ち溢れてますね、脱帽です。

収録曲

収録曲は以下の16曲です。

  1. Eraser
  2. Castle On the Hill
  3. Dive
  4. Shape of You
  5. Perfect
  6. Galway Girl
  7. Happier
  8. New Man
  9. Hearts Don’t Break Around Here
  10. What Do I Know?
  11. How Would You Feel (Paean)
  12. Supermarket Flowers
  13. Barcelona
  14. Bibia Be Ye Ye
  15. Nancy Mulligan
  16. Save Myself

スポンサーリンク

レビュー

1.Eraser

1曲目からアクセル全開!飛ばすね〜エドシーランは。

いやもう「カッコいい」の一言。イントロからインパクト強めです。

やっぱりみんな1曲目から打ち抜かれてますね〜。

わかるよ。これは神曲やわ。

2.Castle On the Hill

ノスタルジックな気持ちにさせてくれる1曲。

シングル曲。

MV見てたら、すごくノスタルジックな気持ちになってきます。

広がりのある雄大なサウンドで、聴いてて気持ち良くなりますね!

わかるわかる。中毒性のある曲なんよな〜。

聴いてるとどんどん好きになってくる。

毎日聴きたくなるのもわかる!

3.Dive

落ち着いた渋い1曲。

改めて音楽性の幅の広さに驚かされます。

サビにかけてのしゃがれ声がたまらなくかっこいい。魂を揺さぶられますね!

 

そうそう、流れが素晴らしいんですよね。

序盤からしっかり聴き手の心を掴んでます!

4.Shape of You

アルバムの代表曲。

この曲に惚れてアルバムを聴くことになった人も多いのでは?

僕もラジオで初めてこの曲を聴いた時は、「おおおーッ!」と興奮しましたね!

紛れもない大名曲!

興奮して思いっ切り誤字してるやん。笑

誤字するくらい良い曲ですよね!

一度聴いたら頭から離れなくなる味のあるメロディーが、この曲の最大の魅力!

5.Perfect

ここでしっとりしたバラードを持ってきました。憎いなエドシーラン。

これはぜひ生で聞いてみたいですね〜。

動画で聴いてるだけでこんなに心揺さぶられるのに、生歌聴いたらやばいでしょ。泣くやつやん。

まさにPerfectな1曲ですね!

サビが良いよなあこの曲は。

みんなperfect聴いて酔いしれてますね〜。

6.Galway Girl

エドシーランの力強い歌唱とヴァイオリンの音色が印象的な曲。

軽快なメロディーで、聴いてて楽しい気分になりますね!

アウトロがコーラスでバチッと締められてるところも良い!

人によって好みが色々あって面白い!

しっとりした曲、ノリの良い曲、どちらもカッコよくて好きですが、僕もどちらかというと好みは後者寄りですね〜。

7.Happier

ピアノとギターのハーモニーが素晴らしすぎる。ゆったりとした曲調とハスキーな歌声に心が和みます。

感情に訴えかけるような、心に刺さるような、そんな力強さのある曲ですね!

8.New Man

これも聞き応えのある1曲。

軽快なメロディーで聴きやすくて、非の打ち所がないとはまさにこのこと。

エドシーランの声はどことなくクラシカルな雰囲気があって、それも曲の濃い世界観を作ってる重要な要素!

9.Hearts Don’t Break Around Here

究極のラブソング。

こういうメロウな曲も完璧に仕上げてくるあたり、もう才能が凄すぎますね。

ヴァリエーションと音楽性の豊かさを知らしめるような1曲です。

10.What Do I Know?

優しくて温かくて、聴いてたら心が穏やかになる曲。

声とメロディーがマッチしてて、聴いてて心地良いことこの上ないですね…。

彼にしか作れない、包み込むような雰囲気がすごく好きです。

11.How Would You Feel (Paean)

『Hearts Don’t Break Around Here』、『What Do I Know?』に続いて、またしっとりとした聴かせる曲が続きます。

これは引き込まれますね〜。

2:59くらいのところから始まる間奏のサウンドがやばいでしょ。この音質好き過ぎる。

これもこのアルバムを代表する名曲やと思います!

12.Supermarket Flowers

エドシーランらしさ全開の1曲。

サビがすごく耳に残ります。

そして何より、心が洗われるような優しいメロディーがたまらん。

気持ちを落ち着けたい時に聴くと効果抜群ですね!

13.Barcelona

ここで急に、いきなり南国チックな曲調へと雰囲気が変わりました。

ギターの響きと情熱的な歌声がカッコいい!

ジャカジャカ鳴らすギターも良いですね〜聴き惚れます。

14.Bibia Be Ye Ye

このテンポ良い!

嫌なことが全部吹き飛んで、楽しい気分にさせてくれますね!

確かにライブ映えしそう。ライブの盛り上がりを作るのに最適やと思います!

15.Nancy Mulligan

ノリの良い曲で畳み掛けてきますね〜。

やっぱりエドシーランにこういう曲作らせたら天下一品ですね。

この曲もライブでやったら絶対盛り上がる!生演奏聴いてみたいな〜。

16.Save Myself

ラストを飾るのは、締めに相応しい落ち着いた1曲。

優しい声に癒されますね。

ゆったり緩い雰囲気なんやけど、どこか凄みがあるというか。

言葉で言い表すのは難しいけど、感情に訴えかける強い力がこもっているような気がします。

わかる。笑

酒飲みながらじっくり聴き込んだら最高なやつですな。

関連記事

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です