1,000円で〆まで?!回転寿司「はま寿司」の一人飲みがコスパ最強!

野口英世
ユウスケ
今日はどっか飲みに行きたい気分やな〜。…って、え!?!?
英世しかいてない
ユウスケ
財布に英世しかいてない!諭吉はどこ行った!?

こんなことありませんか?僕はよくあります。

飲みに行きたい時に限って、手持ちが極端に少ないんです。

こういう時は潔く諦めて飲むのやめりゃいいんですけど、どうしても飲みたいんですよ

なんなら飲んだ後にきっちり〆まで食べたいんです。

この気持ちはどうしても抑えられません。

ユウスケ
しゃあない、1,000円で満足できる場所を考えるか…

というわけで、千円札を1枚だけ握りしめて繰り出すことになりました。

野口英世

はま寿司へ

はま寿司外観

▲昼飲みです。笑

いろいろ考えた結果、100円回転寿司の「はま寿司」へ行くことにしました。

はま寿司を選んだ理由
・家から近い
・寿司やからお酒も置いてそう
回転寿司やから基本的に安そう

 

普通の飲み屋に行ってしまうと、1,000円じゃ絶対足りません。

ってことで、ファミリー層向けの低価格の店(回転寿司)を選んでみました。

お酒

カウンター席に着いて準備完了。

はま寿司のカウンター席

メニューを見てみると、結構アルコール類が置いてあります。

最低限の種類は取り揃えられてるようです。

寿司屋っぽく、日本酒や焼酎もあります。

酒のメニュー 酒のメニュー

忘れたらあかんのが、今日は僕は1,000円しか持っていない。

きちんと計算しながら慎重に注文するように心掛けます。

瓶ビール(¥518:税込)

とりあえずビールですね。

生中ジョッキと瓶ビールが同額(税込で¥518)なので、迷うことなく瓶ビールで決定。

銘柄はKIRIN一番搾りでした。文句無し。

キリン一番搾り

グラスが冷えてて美味い。

昼から瓶ビールとか最高すぎ。至福の一時です。

一番搾り

よし、次はおつまみを注文しよう!

ここまでの金額
瓶ビール1本:¥518
➡︎計:¥518

 

おつまみ

おつまみ系も結構あります。

さっきのアルコールメニューに載ってたポテトフライ等の他にも、「サイドメニュー」というジャンルがおつまみになりそうでした。

はま寿司サイドメニュー はま寿司サイドメニュー

ここからが正念場です。

1円単位で正確に計算する必要があります。

メニューの価格表示が税抜なので注意が必要ですね!

まぐろ竜田揚げ(¥162:税込)

せっかく回転寿司に来たので、おつまみも海鮮系で攻めたいなあと。

ってことでおつまみ1品目はまぐろの竜田揚げ、税込で162円です。

これで162円って安くない?ちょっと「お!」ってなりました。

まぐろの竜田揚げ

味もなかなか美味い!

このお値段でこのお味はコスパ高めやわ。

そのまま食べても美味いけど、マヨネーズを付けると更に良くなります。

まぐろ+マヨネーズはやっぱ最強!ビールがすすむわ〜。

まぐろの竜田揚げ
ここまでの金額
瓶ビール1本:¥518
まぐろの竜田揚げ:¥162
➡︎計:¥680

 

まだいけるぞ!

まぐろの大葉はさみ揚げ(¥162:税込)

もうちょっと余裕があるので、もう1品おつまみを注文することに。

まぐろの大葉はさみ揚げ、税込で162円です。

またまぐろです。

さっきの竜田揚げが美味しかったんで、期待を込めてまたまぐろにしました!

まぐろの大葉はさみ揚げ

サックサクに揚がってます!

まぐろの身も肉厚で、大葉の香りがアクセントになって美味い!

これもビールがすすみます!

まぐろの大葉はさみ揚げ
ここまでの金額
瓶ビール1本:¥518
まぐろの竜田揚げ:¥162
まぐろの大葉はさみ揚げ:¥162
➡︎計:¥842

 

そろそろ〆やな!

〆の寿司

そして最後は〆。

ここでようやく寿司の登場です。

ここまでの金額で¥842

いつもは好きなだけ取ってるけど、今回はたくさんある種類の中から厳選して1つ選ばなければなりません。迷う。

はま寿司

あじ(¥108:税込)

選んだのは「あじ」。

最後は僕の大好きな魚で締めようと思います。

正直108円やし美味しくないんかなあと思ってたんですが、全然そんなことない。

ここまでちゃんとしたあじが出せるのはさすがです。回転寿司が流行る理由がわかりました。

あじ

▲ツヤツヤの身

醤油

▲醤油も選べるラインナップ

おあいそ!

しっかり飲んで、しっかり締めました。

回転寿司らしい内容で楽しめたと思います。

そしていよいよお会計。

気になる支払金額は・・・

.

はま寿司会計

キターーー!950円!

ありがとう英世!!

ごちそうさまでした!

まとめ

回転寿司「はま寿司」やったら、持ち金が1,000円でも、しっかり飲んでしっかり締めることができました。

いや〜大満足です。

今回のはあくまで1つのパターンであって、他にも色々な組み合わせが考えられるので、飽きることもなさそう。

回転寿司は「節約したい。でもどうしても飲みたい」って時に最適ですね!

このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です