ランニングに最適!スポーツ用Bluetoothイヤホン「SoundPEATS_Q12」レビュー!【おすすめ】

SoundPEATS_Q12レビュー

スポンサーリンク










ユウスケ
ランニング中に使えるBluetoothイヤホンが欲しい!

ということで、

Bluetoothイヤホン「SoundPEATS_Q12」を購入して実際に使ってみたのですが。

結論から言うと、

「スポーツジムでの運動時」にはもちろんのこと、「家での普段使い」でも抜群の使用感でした。

それでいて、価格もかなり安くてリーズナブル(税込:¥2,899)なので、本当に買って良かったなあと心から満足してます。

では早速レビューしていきます!

 

▼目次から各章にジャンプできます。読みたい部分をご覧ください。

仕様

 Bluetooth規格  Bluetooth4.1
 Bluetoothプロファイル  HFP1.6、HSP1.2
 AVRCP1.4、A2DP1.2 
 音声コーデック  Apt-X、SBC
 連続通話時間  6時間
 電源入力  DC 5V / 80mA
 充電時間  1〜2時間
 サイズ(縦×横×高さ)  590 × 25 × 32mm
 通信距離  10m
 重量  14g

加えて、汗や湿気への防水対策や、音漏れ防止機能も搭載されています。

※完全防水ではないため、水に浸かるのはアウト

接続可能端末

IPhone7とアンドロイドで接続が可能でした。

購入前に、接続する再生機器のBluetooth規格・プロファイルを必ず確認しておいてください。

付属品(とその使い方)

付属品は以下の5種類。

SoundPEATS_Q12

①イヤホン本体

普通のイヤホンよりも少し重量感を感じます。気になるほどではありませんが。

コードは平たいタイプです。

SoundPEATS_Q12

イヤホンにはリモコンがついています。

各ボタンの操作は以下のとおり。

・真ん中にある逆三角形のボタン
→電源、ペアリング

・プラスマイナスのボタン
→音量調節(長押しで曲のスキップ)

SoundPEATS_Q12

充電器の差込口もリモコンについています。

SoundPEATS_Q12

また地味に便利なのが、イヤホンの背中部分に入っているマグネット。

くっ付けておくことで、コードが絡まるのを防げます。

もともとコードが短いので、絡まることはまあ少ないとは思いますが。

SoundPEATS_Q12

 

②充電ケーブル

イヤホン本体を充電するための充電器(USBタイプ)。

リモコン部にある差込口に差して充電します。

※フル充電すると連続6時間再生が可能。

SoundPEATS_Q12

③各種スペア他

スペアというか、イヤーピース(耳に詰める部分)のサイズ違い等です。

  • イヤーピースの大・中・小(中はイヤホンに装着済み)
  • イヤーフックの大・中・小(中はイヤホンに装着済み)
  • クリップ2つ
  • バックル2つ
SoundPEATS_Q12

クリップはイヤホンの線に通すことで衣服などに挟めるので、イヤホンの線がブラブラと揺れるのを防止するのに役立ちます。

SoundPEATS_Q12

④収納ケース

手のひらサイズ、約10cm×10cmです。

コンパクトなのが良いですね。

SoundPEATS_Q12

イヤホン専用のケースが付属品として付いてるのは地味に嬉しいなあと。

いつも「イヤホン何に入れて持ち運ぼうかなあ」って迷うんですよね…。

これはほんまにありがたい。

⑤ユーザーガイド

すべて日本語で記載されています。

SoundPEATS_Q12

ペアリング

ペアリングはとても簡単。

僕はIPhone7を使っているのですが、20秒くらいでできました。

手順

まずはイヤホン本体の真ん中にある逆三角形のボタンを、6秒間長押しします。

すると、横のLEDランプが点灯します。これでイヤホン側の準備は完了です。

SoundPEATS_Q12

次に、IPhone等の再生機器側の設定です。

IPhoneの場合は、[設定]から[Bluetooth]を選び、オン状態に切り替えます。

SoundPEATS_Q12

オンになってしばらくすると、デバイスに「Q12」が読み込まれるので、これをタップします。

ステータスが「接続済み」になれば、これでペアリングは完了です。

※イヤホンからは「接続が完了しました」というアナウンスも流れます。

SoundPEATS_Q12

商品仕様レビュー

当イヤホンを買うにあたって重要視した点は以下のとおり。

  • 2時間の充電で、連続6時間再生が可能
  • 汗や湿気に対する防水対応
  • メーカー1年保証

連続6時間再生は、ジムで運動しながら使うには十分な長さです。
→GOOD!

ジムでは主にランニングをするため、汗をいっぱいかくので、防水機能は非常にありがたい。
→GOOD!

1年保証が付いているので安心
→GOOD!

使用感レビュー

使ってみた感想(自宅などの普段使い)

イヤホンの購入に当たって気になるのは、やっぱり音質だと思います。

当イヤホンの音質は、個人的には結構良い方だと感じています。Bluetooth&低価格ということを考えると、その割には音質は良い方でしょう。

不満を挙げるとしたら、ベース等の低音の迫力がちょっと物足りないかなあという程度。

僕はイヤホンの音質を結構気にするタイプなのですが、それでも特に大きな不満はありません。

<良い点>

そこそこ再生機器から離れても、ちゃんと繋がります。

端の部屋から端の部屋まで離れて、かつ各部屋のドアを全部ふさいでも問題なく再生されました。

参考

僕の部屋はアパートの2階で、間取りは1部屋が5〜6畳くらいの2LDKです。

使用には通信距離は10mまでと記載されていますが、外に出て、どれくらいまでなら離れても大丈夫なのか試してみました。

結果は、部屋から13〜15mくらい先の1階(地上)にある駐車場を越えたところで途切れました。

なので、一戸建ての場合でも、1階と2階くらいは離れてても問題はなさそうですね。

<気になる点>

曲間(曲と曲のつなぎ目)がたまにスムーズでないことがあります。

全部が全部というわけではないですが、次の曲のイントロが少し音飛びしてしまうことがちらほら。

少し気になる点ですね。

でも僕的には、それほど致命的な欠陥ではないかなあと思います。

使ってみた感想(スポーツジムで)

僕がBluetoothイヤホンが欲しかったのは、ジムで運動してる時に使いたかったからです。

入手後、すぐにジムに行って使ってみました。

<良い点>

フィット感が優秀です。

30分間ランニングマシンで結構しっかり走っても、外れそうになることもなく、終始耳にぴたっとはまっていました。イヤフックがかなり良い仕事をしてますね!

ノイズキャンセリング(外部音のシャットアウト)についてもなかなか優れていました。

また、運動中にイヤホンを一時的に耳から外しておく時に、マグネットが重宝するなあと感じました。

SoundPEATS_Q12

イヤホンを首に掛けてぶら下げておくだけでは、先がブラブラと揺れてかなり鬱陶しいです。

それが、マグネットで留めておけば揺れることもありません。

ちょっとしたことですけど、役に立つことは間違いありません!

<気になる点>

ノイズキャンセリングが優れているのは素晴らしいのですが、屋外でランニングをする人にとっては、逆に少し危ないかもしれません。

屋内施設でのランニングとは違い、多少はまわりの音が聞こえた方が安全だと思います。

ですので、音量を小さめにするか、片耳を外しておく等の対策が必要になってくるかと。

ジムで運動する人にとっては、ノイズキャンセリングはメリットでしかないですけどね!

まとめ 

Bluetoothイヤホンが欲しかった最も大きな理由は「ランニング中に使いたい!」でしたが、これでその欲は十分満たされました!

激しい運動をしても外れないし、汗や湿気などの水気にも強い。音質についてもまあまあ良い。

そして、何より¥2,899という安さ!コスパが良すぎます!

僕としては、ほんまに良い意味で期待を裏切られたなあと思ってますね。

やっぱり、運動中に使うBluetoothイヤホンは「SoundPEATS Q12」で間違いなしですよ!

▼SoundPEATS Q12(税込:¥2,899)

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です