スピッツの名曲を、全アルバムから50曲集めました!みんな!スピッツは良いぞ!!

アイキャッチ

スポンサーリンク










今日は非常に気合が入っております。

どうも、スピッツ大好きユウスケです。

皆さんはスピッツと聞くとどんな曲が思い浮かびますか?大方は「チェリー」ですよね。

わかる、わかるよ。名曲やもんな。

でもやっぱり、スピッツファンとしては声を大にして言っておきたいことがある。

チェリーだけじゃないよ!!

いやむしろ、真のスピッツの良さはチェリー以外のところに詰まっていると僕は思っています(←全スピッツファンの思いを代弁してます)。

というわけで今回は「スピッツの名曲50選」ということで、200曲以上ある中から最高に素敵でカッコいいスピッツの名曲を大放出します!

 

 

スピッツの名曲50選

  • 全アルバムから数曲ずつチョイス
  • アルバムはリリース順
  • ランキング形式ではありません
  • 「マサムネさん」=ボーカルの男性
  • 禿げるぐらい悩んで決めました(実際ちょっと禿げたかも)

スピッツ

1991年リリースの1stアルバム。全体的に若さあふれる青い感じですが、いきなり才能が大爆発してます。

メジャーな曲はないけども、スピッツを知る上で必聴の傑作です!

1.ヒバリのこころ

記念すべき1stシングル。

荒削りなんやけど洗練されてる。そしてテンポが良くてキャッチー。もう完璧やないか!

僕が君に出会ったのは冬も終わりのことだった

降り積もった角砂糖が溶けだしてた

雪解けの時期の描写が秀逸すぎる!こんな表現ができるのは、世界でマサムネさん(ボーカル)しかいてないと思います。

 

2.五千光年の夢

五千光年の夢が見たいな うしろ向きのままで

涙も汗も吹き飛ぶ 強い風に乗って

すべてが嘘だったとわかった お弁当持ってくればよかった

なんだか寂しいな なんだか寂しいな

珍曲です。歌詞はさっぱり意味がわかりません(笑)

スピッツの曲は歌詞が独特なのが多いのですが、この曲は特にそれが顕著。

ま、無理に解釈しなくてもいいでしょう(笑)

とにかく明るくて軽快なリズムなのが好きなところです!

 

3.うめぼし

このアルバムで僕が一番好きな曲。

こういう哀愁が漂うような曲を作らせたらピカイチですね。ほんま天才。

んで、普通曲名に「うめぼし」なんか付けますかね?凡人にはまず無い発想です。

うめぼし食べたい

うめぼし食べたい僕は今すぐ君に会いたい

一見まったく意味がわかりませんね〜。

よく言われるのが「うめぼし=乳首」です。こう考えると、うん、納得できる(笑)

究極のラブソング、世界中の男性の代弁曲ですね!

 

名前をつけてやる

 

1991年リリースの2ndアルバム。

この作品がスピッツの中で一番良い!というスピッツファンも多いです。それくらいの名盤。

一度ハマったら、中毒のように毎日聴きたくなりますよ!

 

4.名前をつけてやる

アルバムの表題曲。

名前をつけてやる 残りの夜が来て

むき出しのでっぱり ごまかせない夜が来て

名前をつけてやる 本気で考えちゃった

誰よりも立派で 誰よりもバカみたいな

はい、夜のお話ですね(笑)

名前をつけるのは、”むき出しのでっぱり”なのか。それともその空間・時間、その時の気持ちに名前をつけるのか。

んーー難しい!でもなんか良いな!

 

5.恋のうた

ゆったりとほのぼのしたメロディー。穏やかな気持ちになります!

君と出会えたことを僕 ずっと大事にしたいから

僕がこの世に生まれて来たワケにしたいから

サビの歌詞、素敵すぎません?

この曲はスピッツには珍しく、歌詞がストレートでわかりやすい。

でも陳腐な表現ではなく、心をくすぐる言い回し。惚れ惚れします!!天才か!

大切な人を思いながら聴いてみてください。もっともっと大切にしたくなりますよ。

 

4.プール

この曲は何と言ってもノイズ。特に間奏のサウンドはヤバイ。こんな気持ちの良いノイズを鳴らしてる曲は、どこを探しても見つかりません。

そして歌詞はというと

君に会えた 夏蜘蛛になった

ねっころがって くるくるにからまってふざけた

 

孤りを忘れた世界に 水しぶきはね上げて

バタ足 大きな姿が泳ぎ出す

こちらもテーマはセ◯クスです。

夏の夜のあの感じを、プールと絡めて表現してしまうあたり…天才すぎる。

雰囲気と情景を思い浮かべながら曲を聴くと、ノスタルジックなんやけど、ちょっとゾッとする感覚。

初期の大傑作です!

 

オーロラになれなかった人のために

1992年リリースのミニアルバム。

全然目立たない作品ですが、スピッツらしさが色濃く出てる作品だと思います。個人的には大好きな1枚です!

 

7.田舎の生活

田舎の原風景が浮かんで、ゆる〜い気持ちにさせてくれます。

必ず届くと信じていた幻

言葉にまみれたネガの街は続く

さよなら さよなら 窓の外の君にさよなら言わなきゃ

曲のノスタルジックな雰囲気と、悲しい色がある歌詞と、マサムネさんの透き通った綺麗な声がマッチしてます。

この世界観はマサムネさんにしか出せませんな〜。

疲れてる時に聴くと、心が癒されるのでオススメです。

 

8.海ねこ

すごくポップな曲です。イントロがとても無邪気です。

それでいて歌詞の方は、

明日になれば僕らもこの世界も

消え失せているのかもしれないしね

今日一日だけでいい

僕の二人で笑っていて

明るい曲調に、この寂しさ・切なさ漂う歌詞。

アンマッチなんやけどマッチしてる不思議な感覚。まさに名曲!

 

スポンサーリンク

惑星のかけら

1992年リリースの3rdアルバム。

ものすごくクセの強い初期の作品です。

独特の世界観が炸裂してて、ある意味スピッツらしさが存分に発揮されてるような気がします!

繰り返し聴いてるうちにじわじわと良さがわかってくるスルメアルバムですね。

 

9.日なたの窓に憧れて

5thシングル。

イントロから最高にかっこいいです!

君が世界だと気づいた日から 胸の大地は回り始めた

 

メリーゴーランド メリーゴーランド 二人のメリーゴーランド

ずっとこのまま ずっと ずっと

「君」に対しての思いをこんな風に表現できるなんて…。芸術的すぎません?

表現力が豊かすぎるよ!

 

10.惑星のかけら

表題曲。

『日なたの窓に憧れて』とは打って変わって、かなり重厚で分厚いサウンド。

多様な音を楽しめるのもスピッツの良いところです!

骨の髄まで愛してよ 惑星のかけら

骨の髄まで愛してよ 僕に傷ついてよ

「愛されたい、自分のことをもっと見てほしい」って思いが出てます。

歌詞中に出てくる二人の光景を思い浮かべながら聴くと、ものすごく切ないというか、ちょっと不気味なほどに強い愛って感じですね。

 

11.アパート

このアルバムで一番好きな曲。これは是非聞いてほしいんですよね〜。

とにかくポップ。『惑星のかけら』と同じ人間が作った曲なの?ってくらいにギターポップです。

そして歌詞はというと

君のアパートは今はもうない だけど僕は夢から覚めちゃいない

一人きりさ 窓の外は朝だよ 壊れた季節の中で

誰の目にも似合いの二人 そして違う未来を見てた二人

小さな箱に君を閉じ込めていた 壊れた季節の中で

そう 恋をしてたのは僕のほうだよ 枯れていく花は置き去りにして

いつもわがまま無い物ねだり わけもわからず 青の時は流れて

この感じが好きすぎて、部分的に抜粋できませんでした(笑)

胸が締め付けられます。涙が出そうになります。。。

マサムネさんは、悲しくて切なくて寂しい歌詞をポップなメロディーに乗せる天才です。世界一です。

 

Crispy!

1993年リリースの4thアルバム。

ここからぐっと今のスピッツの雰囲気に近付きます。

全体的にキャッチーな曲が多いので、このアルバムから聴いてみるってのも良いかもしれないですね。

 

12.君が思い出になる前に

7thシングル。

スピッツの大傑作、至極の一曲です!(何回目?笑)

ゆったりとしたメロディーと優しいマサムネさんの声、耳の保養でしかありません!

君が思い出になる前に もう一度笑って見せて

優しいふりだっていいから 子供の目で僕を困らせて

この頃からだんだん歌詞がわかりやすくなってきたような。

恋人と離ればなれになる時に聴いてみてください。泣きますよ!笑

 

13.タイムトラベラー

これ、シングルでよくない?ってくらいのキャッチーな曲です。絶対売れてたわ。

何がすごいってね、もうイントロとその後のメロディーが終始美し過ぎるんです。

耳に残って離れない、イントロのワクワクする感じ。これから楽しいことが始まるぞ!みたいな雰囲気です。

ワクワク感が足りてない方にオススメ!

 

14.裸のままで

6thシングル。

PVがめちゃくちゃダサいです(笑)youtubeで1回見てみてください!

ま、このダサさも含めてスピッツの良いところとしましょう!

曲名どおり、すごい開放的な曲。聴いてて気持ち良くなれます。

落ち込んでる時に聴くと、元気が出て良いですよ!

 

空の飛び方

1994年リリースの5thアルバム。

3大名曲『空も飛べるはず』が収録されている名盤です。

せっかくなので、『空も飛べるはず』以外の曲を選びたいと思います!

 

15.青い車

究極に爽やかな曲!夏に海沿いをドライブしながら聴きたくなります!

イントロの上昇していく感じが、何回聴いてもたまりません。

君の青い車で海に行こう おいてきた何かを見に行こう

もう何も恐れないよ

そして輪廻の果てに飛び下りよう 終わりなき夢に落ちていこう

今変わっていくよ

輪廻の果てに飛び下りる=自殺と捉えるか。

それとも転生して幸せの方へ向かっていく、と捉えるか。

難しいですが、色々な解釈が出来て面白い曲です!

 

16.不死身のビーナス

スピッツの全曲の中で、一番王道のロックな感じがするなあと個人的に思う1曲。

20年以上前の曲とは思われへんくらい新しさがあります。絶対今でも通用する!

やる気出したい時とかに良いですね。よし、やろ!って自分を動かしてくれます。

 

17.スパイダー

10thシングル。

PVをyoutubeで見てみてください。どうしようもなく服がダサいです。

まあ、それは置いときましょう。

イントロのアコギの音が印象的。

メロディーは終始気分が高揚するようなリズムです。

歌詞は「汚す」とか「奪う」とか、少々強引さがある表現ですが、この歌詞と曲調のアンマッチがなんとも言えない良さです。

 

ハチミツ

1995年リリースの6thアルバム。

僕がスピッツの中で一番好きな作品です。

3大名曲『ロビンソン』が収録されています。こちらも『ロビンソン』以外で選んでいきます!

 

18.ハチミツ

可愛らしい曲。

まずイントロが秀逸。

日本人離れしたなサウンドとメロディー。かっこいい。何回聴いても飽きの来ないかっこよさ。

イライラしてる時に聴いてみてください。

すぐに穏やかな気持ちになれること間違い無し!

 

19.涙がキラリ

12thシングル。

結構売れたシングル。すごくキャッチーで、売れる理由もわかります。

同じ涙がキラリ 俺が天使だったなら

星を待っている二人 せつなさにキュッとなる

心と心をつないでる かすかな光

なんかキュンとしますね(笑)

初々しい気持ちを思い出したい時に聴きたい曲1位!

 

20.ルナルナ

これも可愛らしい曲。

イントロから最後まですっと軽快なリズムで、聴いててとても楽しい気分にさせてくれます!

「心が躍る」って、こういうことなんやなあと。

羊の夜をビールで洗う 冷たい壁にもたれてるよ

この歌詞の一節、一見さっぱり意味がわからんけど、表現の仕方がすごく好きで。

”羊が1匹、羊が2匹・・・。あーあの子が恋しくて寝られへん。こんな夜はビールでも飲もう。”

僕にはそんな情景が思い浮かびます。

聴き手の想像力を掻き立てる表現が多いのが、スピッツの持ってる大きな魅力の一つです!

 

インディゴ地平線

1996年リリースの7thアルバム。

全体的に明るくて上昇的な曲が多い印象。これもまた良いアルバムです。

3大名曲『チェリー』が収録されてます。なので、こちらも『チェリー』以外でいきます。

 

21.バニーガール

『チェリー』のカップリング曲。

これほんまにカップリング?ってくらい高いクオリティを誇ります。

疾走感あふれるイントロがカッコいい!。のっけから破壊力抜群です。

このクオリティの高さ、是非Youtubeの動画で確認してみてください!

22.渚

14thシングル。

これはこのアルバムでは絶対外せない曲!スピッツの王道夏曲です。

もう夏といえば絶対これ!

爽やかさが天下一品。癒されます。禊を受けた気分になれます。

サビの「醒めないでーーー」の高音がとにかく気持ち良い。

マサムネさんが歌うことで初めて生きる、そんな曲です!

 

23.初恋クレイジー

これはほんまにものすごく良い曲。大好きです。

キーボード(ピアノかな?)から始まる、スピッツの中ではあんまりない感じの曲。

その旋律ときたらもう…ため息が出るくらいカッコいい。めちゃくちゃテンション上がります。

見慣れたはずの街並みも ド派手に映す愚か者

君のせいで大きくなった未来

誰もが初恋の時に感じる言葉にできないあの気持ちを、こんなしっくりくる言い回しで表現するとか…。天才にもほどがありますね。

 

フェイクファー

1998年リリースの8thアルバム。

優しくて温かい、春っぽい曲が多い作品です。

名曲がいっぱい詰まった至高の1枚!

 

24.スカーレット

15thシングル。

柔らかくて暖かいサビが終わった瞬間、急に哀愁漂うメロディーに変化するところがこの曲の魅力。

ちょっと寂しくなる感じ。

離さない このまま時が流れても

ひとつだけ小さな赤い灯を 守り続けていくよ

素敵です。クサイけど、素敵です。

 

25.楓

19thシングル。

これもスピッツを語る上では絶対に外せない名曲

歌詞とメロディーの切なさの度合いは、全スピッツの曲の中でもかなり上位です。

サビの「さよならーーー」の伸びやかな高音が印象的。マサムネさんのボーカルやからこそ光る曲。

唯一無二とは、まさにこのことです!

 

26.仲良し

終始柔らかくてほっこりできる曲。めっちゃ癒されます。

いつも仲良しでいいよねって言われて

でもどこかブルーになってた あれは恋だった

 

サンダル履きの足指に見とれた

小さな花咲かせた あれは恋だった

生々しいけど、なんとなく懐かしい。そんな気持ちを思い出させる歌詞に、のんびりしたメロディーが相まって…。

「完璧」ってまさにこのこと!

甘酸っぱい気分に浸りたい時に是非聴いてみてください!

 

 

花鳥風月

1991年リリースのスペシャルアルバム。

カップリング集的なアルバム。

地味やけど、これがまた隠れた名曲が多くて良い味出してるんよな〜。

 

27.スピカ

スピッツファンの中ではかなり人気が高い曲。

もちろん僕も大好きです!

幸せは途切れながらも続くのです

何と言ってもこの歌詞。すごいいい言葉です。

自分は全然幸せじゃない。不幸者だ!

って思ってる人も、この歌詞を常に頭に入れておけば、考え方が変わるかもしれませんよ?

 

28.猫になりたい

これも大傑作の名曲!

誰もが1回は思ったことがある「猫になりたい」という気持ちを、なんと曲にするという。

桁違いの自由さです。その発想は凡人には無い。

猫になりたい 君の腕の中 寂しい夜が終わるまでここにいたいよ

猫になりたい 言葉ははかない 消えないようにキズつけてあげるよ

言葉は儚くすぐ消えてしまうから、消えないようにキズつけてあげるよ…。

こんなごく普通の単語を並べてるだけやのに、すごく強く印象に残る表現になってます。

マサムネ恐るべし。

 

29.コスモス

スピッツ史上最高のノスタルジックソング。

こんな雰囲気、この曲以外では味わえません!

鮮やかなさよなら 永遠のさよなら

追い求めたモチーフはどこ

幻にも会えず それでも探してた今日までの砂漠

 

さびしげな真昼の月と西風に

揺れて咲くコスモス 二度と帰れない

なんやこの切なさたっぷりの歌詞は。

ここにノスタルジックの極みみたいな間奏が流れるんやから。もうヤバイです。

 

ハヤブサ

2000年リリースの9thアルバム。

かなりロック色強め。派手さはないけど、硬派な感じ。

 

30.8823

表題曲。

イントロの疾走感あふれる感じがたまらなく良い!

一貫した聴き応えのある硬派なサウンドがかっこいい。それでいてちゃんとキャッチーさもあるのがすごいな〜。

ある意味スピッツらしい1曲です!

 

31.放浪カモメはどこまでも

陳腐なくくりでまとめたくないけど、ハードロックです。

見ろあの夕焼けを 美しい

上昇し続けることはできなくても またやり直せるさ

励まされますね〜。

背中をポンッと叩いて励ましてくれてるような、温かみのある歌詞ですね!

落ち込んでる時にこれを聴くと「よし、もういっちょ頑張ろう!」と、前向きな気持ちにさせてくれますよ!

 

三日月ロック

2002年リリースの10thアルバム。

尖ったアルバムです。名曲だらけ。

白黒はっきりしてるというか、聴いててすごくスカッとする作品です。

 

32.夜を駆ける

あれ、しんみりした曲かな?と思ったら、途中から静かに上昇していきます。

この曲調の変化が病み付きになります。

何回聴いても飽きません!

研がない強がり 嘘で塗りかためた部屋

抜け出して見上げた夜空

よじれた金網をいつものように跳び越えて

硬い歩道を駆けていく

頭にこの夜の情景が浮かびます。何このすげー曲。

夜中にヘッドホンつけてじっくり聴きこみたくなりますよ!

 

33.エスカルゴ

カタツムリとは思えないくらい、とにかく重厚で疾走感があって、聴いてて気持ち良いです。

激しい曲調の方が好きかな?と思う人は、もうドンピシャでこれ。

荒々しさが最高にカッコいい!

今後もどんどんこういう曲を出して欲しいなあと、強く思います。

 

34.けもの道

ゴリゴリのハードロックです。

あきらめないで

それは未来へかすかに残るけもの道

 

怖がらないで

闇の向こうへ手を伸ばす前のまわり道

スピッツには珍しく、背中を押してくれるような、応援してくれてるような曲。

挫折しそうな時に聴いて、もう一踏ん張り頑張りましょう!

 

色色衣

2004年リリースのスペシャルアルバム。

地味ですが、隠れた名曲がたくさんあります。

 

35.スターゲイザー

28thシングル。

これは結構有名かなと。このアルバムで一番目立つ曲。

まず曲名がかっこいいですね。

そして歌詞も良い。

ひとりぼっちがせつない夜 星を探してる

明日 君がいなきゃ 困る 困る

静かな夜に聴きたい曲ベスト1!

 

36.大宮サンセット

マサムネさん弾き語りの名曲。

この曲聴いたら、良い意味で力抜けます。

ゆるさ加減が半端ない。リラックスしたい時に是非聴いてほしい曲です。

大宮サンセット 手をつないで歩く土曜日

なんか良くない?

綺麗な夕焼けを眺めながら、手を繋いで並んで歩く。

最高の土曜日やん。

 

スーベニア

2005年リリースの11thアルバム。

スルメアルバムです。聴けば聴くほど良さが滲み出てくる作品。

 

37.正夢

29thシングル。

いつか正夢 君と会えたら 打ち明けてみたい裏側まで

愛は必ず最後に勝つだろう そういうことにして生きてゆける

あのキラキラの方へ登っていく

プラス思考。

嫌なことがあった時、鬱々としてる時は、この曲を聴いてスッキリしましょう!

曲調も明るいので、そういう時にはピッタリな曲です!

 

38.優しくなりないな

スピッツ至極のバラード。

ピアノの音が美しく、感傷的な気分に浸りたい時に最適な曲です。

寒い秋冬の夜にじっくり聴くのも良い感じ!

君のことを知りたい どんな小さなことも

真昼に浮かぶ僕を 桜色に染め上げて

しっとりしてるな〜。

静かな強い思いって感じですね。聴いてて心地良いです。

 

さざなみCD

2007年リリースの12thアルバム。

ノーテンキというか、明るい曲の多い作品です。

 

39.群青

33thシングル。

原点回帰かな?と思うような、シンプルなわかりやすいサウンド。

若々しくて爽やかで、疾走感もあって大好きな1曲です!

 

40.僕のギター

聴いてたらギターが弾きたくなる1曲(弾いたことありません)。

間奏でギターをかき鳴らすところが気持ち良い!

 

とげまる

2010年リリースの13thアルバム。

更にグッと今のスピッツに近付いた気がします。

明るくてポップな曲が多く収録されてます。

 

41.恋する凡人

イントロからマサムネさんのギター全開な1曲。めちゃくちゃかっこいいです!

今走るんだどしゃ降りの中を 明日が見えなくなっても

君のために何でもやる 意味なんてどうにでもなる

力ではもう止められない

歌詞も良いですね〜。

凡人の男が恋に盲目になって、奮闘してる様子が浮かんできます。

すごいエネルギーで恋に突っ走ってます!

恋で悩んでる凡人は必聴!

 

42.花の写真

可愛らしくて軽快でキャッチーで…。何この完璧な曲!カントリー調で、とにかくすごく聴きやすいんです。

スピッツってこんな曲も出来るの!?と驚かされました。まさにマルチプレイヤー。

そして歌詞はというと、

いつかは終わりがくることも 認めたくないけど分かってる

大げさにはしゃいでいても 鼻がツンとくる

ほら出た。テンポの良い軽快なメロディーにこの哀しい歌詞ですよ。

スピッツがこの手の手法で作った曲は十中八九良いです。

失敬、十中十ですね!

 

おるたな

2012年リリースのスペシャルアルバム。

カップリング曲とカバー曲が収録されてます。

これは非常に質が高い。そんじょそこらのカバーアルバムとはわけが違います。

 

43.14番目の月(荒井由美)

ユーミン(松任谷由実)の旧姓時代の名曲。

はっきり言う。このカバーはすごいよ。

ユーミンが歌う原曲は結構ポップで、ノリとしてはウキウキする感じなんですよね。もちろん、当然それで完成形。

が、スピッツはそれをどしっと重みのあるイメージで仕上げてくるんです。でも曲自体の雰囲気は損なってません。

原曲を大事にしたカバーとは、まさにこのこと!プロの技です。

 

44.タイム・トラベル

1978年リリースの原田真二の名曲。

このカバーも、とてつもなくクオリティが高いです。

ってか原田真二って誰やねん!となる気持ちもわかります。

Youtubeにあるので、まずは彼の原曲を聴いてみてください。原曲の質も異常に高いので。

これは本家超えはおろか、同等で仕上げるのも難しいかも?と心配になるくらいの良さ。

が、ここもさすがスピッツ。

原曲のキラキラした映画みたいな世界観もバッチリ表現されてます。

 

45.さよなら大好きな人

女性デュオ「花*花」の2000年リリースの名曲。

このカバーは正直びっくりですね〜。

女の子が歌うストレートで純粋な歌詞も、スピッツにかかると自然にカバーできてしまうのが不思議。

カバー史に残る名曲だと断言できる1曲です!

 

小さな生き物

2013年リリースの14thアルバム。

これまでにないくらい個性豊かな曲が詰め込まれてます。

タイトルどおり、動物を連想させる曲が多いです。

安定の聞き応え十分なアルバム!

 

46.エンドロールには早すぎる

耳に馴染む、非常にキャッチーで弾けるような曲。

でも、確実に過去にないパターンの音。

音作りのアイデアが無尽蔵ですね〜。よく枯れへんなあと思います。

エンドロールには早すぎる 君のくしゃみが聞きたいよ

意外なオチに賭けている

歌詞も面白い。

可愛いくしゃみやったんやろうな〜。

男の未練を生々しくリアルに表現してるとこが好きです!

 

47.ランプ

終始ゆったりしたメロディーの優しい曲。確実に癒されます。

ただ信じてたんだ無邪気に ランプの下で

人は皆もっと自由でいられるものだと

傷つけられず静かに 食べる分だけ

耕すような生活は 指で消えた

東日本大震災と原発事故を受けての歌詞かなあ。

”指で消えた”ってのが不思議な表現。あれは「人災」でもある、ということなのかな。

スピッツなりの主張ソングかもしれませんね〜。

 

醒めない

2016年リリースの15thアルバム。

50歳手前のおっさん達が、めちゃくちゃかっこいいロックをやってます。

国宝級のかっこよさなので、ぜひ聴いてみてください!

 

48.醒めない

表題曲。

イントロ聴いた瞬間に痺れます。文句無しにかっこいい、スピッツの王道ロック。

1曲目に相応しい曲です。いやもう確かにこれしかないわ。

まだまだ醒めないアタマん中で ロック大陸の物語が

最初ガーンとなったあのメモリーに 今も温められてる

さらに育てるつもり 君と育てるつもり

まだ全然ロックに飽きてないんですよね〜。

この情熱が素敵です。

「まだまだやったるで!」と決意表明してるように聞こえますね。

▼「醒めない」がベスト20入り!▼

【オタクが厳選】グイグイ引き込まれるかっこいいイントロの曲【邦楽・洋楽ベスト20】

2017.05.06

49.みなと

目を瞑ってイントロ聴いたら、もう港にいてます。それくらい、港のゆったりした雰囲気を表現してます。

ひらがなで”みなと”ってのも、字面が柔らかくて良いですね〜。

すれ違うほほ笑みたち 己もああなれると信じてた

朝焼けがちゃちな二人を染めてた あくびして走り出す

君ともう一度会うための大事な歌さ

今日も歌う一人港で

温かみがあって和むメロディーに、スピッツ特有の切ない言い回しがマッチして最高。

神曲ってこのことですよ!

 

50.子グマ!子グマ!

視覚的なインパクト絶大。いかにもスピッツらしい曲名です。

はぐれたら二度と会えない覚悟は

つらいけど頭の片隅にいた

半分こにした白い熱い中華まん 頬張る顔が好き

スピッツの魅力は、リアルな風景描写が急に登場するところ。

グッとその世界観に引き込まれるというか、頭の中にパッとその光景が思い浮かぶんですよね〜。

そのために中華まんを持ち出してくるあたりも、マサムネさんのセンスが光ってますね!

サビで「子グマ!子グマ!」と連呼してるのも、耳に残って離れません。

 

まとめ

以上、スピッツの名曲50選でした!

長丁場お付き合いいただきありがとうございます。

悩み抜いて選んだ結果です。もちろんここに入ってない曲も良い曲ばかり!是非アルバム単位で聴いてほしいなあと思っています。

それでは最後にもう一度言っておきます。

チェリーだけじゃないよ!!

スピッツ最高やで!!

それでは!

関連記事

 

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

3 件のコメント

  • おまえ全員わかってないやんけ!!
    スピッツの「ス」もわかってないぞ?

    とりあえず「愛のことば」は飛ばすな!

  • こんにちは、はじめまして!

    スピッツ、小学生の頃から、ふんわり聴いてきました。
    ふと気づくとそこにいてくれる存在だったもので、アルバムを深く聴き込んだことがなく…
    好きな曲は?→チェリー、ロビンソン!…ほどではないですが、ホタル、スパイダー、楓…とシングル曲ばかり…コアなファンの方からしたらメジャーどころばかり聴いております。。スミマセン。

    先日たまたまyoutubeのおすすめで聞き出したら、止まらなくなって。こんなにひとつのアーティストにのめり込んだのは久しぶりです。
    スピッツはずっと好きだったけれど、今の自分はもっとたくさんのスピッツを求めてる!!アルバム曲も知りたい!!と思い、色々検索してこちらにたどり着きました。

    歌詞の引用を読むだけで、脳の未開拓地に星が落ちるような感覚でした…。

    今はマサムネさんのやわらかな歌声と、耳に心地よいメロディを楽しんでおりますが、少しずつアルバム曲、カップリングにも踏み込みたい…!こちらの紹介も参考にさせていただきます!!

    いつか、私なりの名曲50を発表できるくらい聴いちゃいますよ!!
    ちなみに今のダントツトップは群青。他にもたくさん好きな曲はあるのに、どうしてもコレ…。なぜだろう?と調べたら、理由は3声ハーモニーのようです。大好きなので無意識に惹かれたようです。なんだか嬉しい。

    長文すみません…!
    素敵な記事をありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です