Suchmosの2ndアルバム『THE KIDS』の感想・口コミ・評価・レビュー

THE KIDS

スポンサーリンク










どうも、Suchmos大好きなユウスケです!

2017年1月25日にSuchmos(サチモス)の2ndアルバム『THE KIDS』がリリースされましたね。

初めに言っておきます。

THE KIDS』は大名盤です!

1stアルバムTHE BAYも素晴らしいアルバムだったのですが、『THE KIDS』は更にその上をいきます。

ものすごくグレードアップ・洗練されていて、2017年を代表するアルバムになると言えると断言できます!

いや〜ほんまに完成度が高すぎる!

というわけで今回は、僕が『THE KIDS』を聞いてみた感想と、他の人の口コミを集めてみました。

『THE KIDS』概要

2017年1月25日リリース。

シングル『A.G.I.T』の他、ホンダVEZELのCM曲として使用されかなり話題となった『STAY YUNE』が収録された全11曲のアルバムです。

ノリが良くて勢いがあって若々しくて…というよくある若手バンドの雰囲気とは全く異なります。

お洒落でダーク、良い意味でどこか斜に構えたような、彼らにしか出せない独特の空気感を作っています。

1.A.G.I.T

このアルバムを代表する1曲。当アルバム発売に先立ってPVが配信されたシングル曲です。

イントロの、ギターサウンドとボーカルヨンスの綺麗な高音が印象的。

1曲目に相応しい、次の曲をどんどん聞きたいと思わせてくれるような傑作です。

掴みはばっちり。完全にこの曲で流れを作っていると言えます。

 

そうそう、決してキャッチーな曲ではなく、聞いてるうちに病みつきになる中毒性の高い曲なんですよね〜。

ライブで聴いてみたいってのもめっちゃ共感です!

2.STAY TUNE

ホンダVEZELのCM曲として使用され、Suchmosが一躍有名になるきっかけとなった1曲。

2曲でこの曲来ますか〜。攻めてます。

スタイリッシュでクール。Suchmosワールド全開です。さすがとしか言いようがありません。

インパクトがあって、グッと聴き手を引き込む力がすごいんですよね〜。

ベースライン、かっこいいです。

良さを熱弁したくなる気持ちわかります!!

3.PINKVIBES

『STAY TUNE』で引き込んでおいて、ここでは一転落ち着いた曲を持ってきます。

THE KIDS』はアルバムの構成、曲の流れが素晴らしいんですよね〜。「聴かせる」作品です。

イントロがジャズっぽくて非常にクール。夜に聴きたくなる、アダルトな雰囲気を前面に打ち出した名曲!

ある意味Suchmosらしさが一番感じられる曲かもしれません。

そしてSuchmosのすごいところは、往年のジャジーなサウンドを懐かしむ30代後半〜40代をファンとして囲い込んでるところ。

ジャミロクワイを愛聴してた人とかにはたまらないでしょうね。

4.TABACCO

シンセサイザーの音が聴いててすごく気持ちよくなれる1曲。聴いてたら身体が勝手に横揺れしてます。

合間に入る女性のコーラスも、この曲の雰囲気を作っている重要な要素です。
 

わかるわかる。

この曲も聴き込んでるうちにのめり込んでいって、いつしかヘビロテになってるんですよね。

グルーブ感がたまらないんです。

5.SNOOZE

怪しい雰囲気のサウンドと耳に残るエレキギターから始まる1曲。

サビへの流れ・展開が面白い。

そう来るか!と、聴いたら絶対思います!

この盛り上げ方は、きっとSuchmosにしかできないでしょうね。独特の世界観が作れてて素晴らしい!!

確かにジャミロクワい。影響が色濃く反映されてます。

癖になるよな〜わかる!

6.DUMBO

『THE KIDS』の中では一番ロックっぽい音。

と言ってもすごく複雑なサウンドなんで、一言でロックと片付けてしまうことはできないのですが。

今度は打って変わって勢いのある曲。

こういう激しめの曲を作らせても天下一品です。

そうそうそうそう。

イントロのベースがものすんごくかっこいいんよな〜。

7.INTERLUDE S.G.S.4

まさかのインスト曲。

中間部分でこの曲が入ることで、グッと引き締められる感覚。

ゆったり落ち着いて柔らかい気持ちにさせてくれます。

この舵取りは天才的です。さすが。

8.MINT

ここでMINT持ってきましたか!!『INTERLUDE S.G.S.4』の次ってのがヤバいです。

この流れは破壊力がえげつない。興奮します。

シングル曲です。

紛れもないSuchmosの代表曲です。夜中に引きこもって聴きたいです。

夕暮れ、地下鉄の中、どっちもわかりすぎる!!

9.SEAWEED

これもSuchmos節が全開な1曲。

横揺れ感がハンパないです。ドライブしながら聴いたら最高です!

10.ARE WE ALONE

イントロがカッコよすぎる。撃ち抜かれます。

ギターとキーボードのハーモニーがたまらん!

ボーカルヨンスのコーラスもすごく活きてます!

11.BODY

THE KIDS』のラストを飾る1曲。

じわじわとフェードアウトしていくような雰囲気。まさに締めに相応しい曲と言えます!いや〜天才。

その他関連記事

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です