Swingmailの使い方を徹底解説!もうメールの管理で悩みません。

アイキャッチ画像

スポンサーリンク










どうも、人見知り研究家のバシくんです!

  • あの人とのメール、どのアプリでやりとりしてたっけ…
  • あの人とのメールの履歴をまとめて見返したいな…

メールあるあるですよね~。僕もどうにかならんものかなあと思ってました。

そんな悩みを一瞬で解決してくれるのがSwingmailというメールアプリです!

別々のメールサービスを1つのアプリで一括して扱えるという優れもの。

というわけで今日は、各種メールを簡単に一元管理できる無料アプリ「Swingmail」の使い方を徹底解説します。

インストールから使用方法まで網羅してますので、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク




Swingmailの概要

対応OS

iOS8以降, Android5.0以降

連携できるメール

Swingmailを使うことで、以下のメールを一元管理することができます。

◯ Webメール:iCloud, Gmail, Yahoo(US), Outlook/Hotmail,Yahoo!JAPAN,Office365,AOL,楽天メール
◯ キャリアメール:docomoメール, EZwebメール, i.softbankメール
◯ MVNOメール:mineoメール, ワイモバイル/Ymobileメール
◯ SNSメッセージ:Twitter DM(ダイレクトメッセージ)
◯ カスタムIMAP

Swingmailの使い方

インストール

iPhoneAndroidともに無料でインストールが可能です!

「iTunes app sore」「Google Play ストア」で検索してみましょう。

ログイン

Swingmailのアイコンをタップしログイン画面が表示されたら、「Get Started」を押します。

そうすると各種サービスのアイコンが並んだ画面に切り替わるので、ログインするアカウントを選択します。

ここで選択したものが基本のログインアカウント(デフォルト)に設定されます。

アカウント設定

ログインを行うと、Swingmailのトップ画面に移ります。

➡︎ログインしたアカウントのメールが表示されます(読み込むのに少し時間がかかります)。

ログイン

使用アカウントの追加

次に、連携させたい(=メールを一元管理したい)アカウントを追加していきます。

トップ画面の右上にある歯車のボタンを押します。そうすると設定画面に移るので、「連携アカウントを追加」を押します。

アカウント追加

各種サービスのアイコンが並んだ画面に切り替わるので、メールを連携させたいアカウントを選択し、ログインを行います。

そうすると、設定画面の「連携アカウント」欄に、ログインしたメールアカウントが新しく追加されます。

アカウント追加2

この要領で、連携させたい全てのメールアカウントを追加しましょう。

追加が完了したら、トップ画面に戻ります。しばらく経つと、連携させた全てのアカウントのメールが画面上に読み込まれます。

アカウント追加3

これで使用にあたっての準備は完了です!

受信メール確認

ここがSwingmailの機能の中で最も優れている点です。

トップ画面に表示されている受信メールをタップすると、その相手とのメール履歴がチャット形式で表示されます。

本体アカウントの受信ボックスでは、特定の人物とのメール履歴のみを追い返すのは面倒ですよね。

でもこれにより、同じ相手とのメールのやりとり履歴を簡単に追うことができます。

※swingmail上でメールを開いても、本体のアカウント側は既読になりません。

受信メール確認

また、例えばその相手と「gmail」「TwitterのDM」など複数サービス上でやりとりがある場合、それら2つを同一チャットにまとめることもできます。

同一人物として登録しておけば、1画面で複数サービスのメールを同時に処理できるんです!

※これについては後続の「サービスの統合」で確認してください

返信

返信については、LINEのやり方と全く同じ。

ボックスにメッセージを入力して、「送信」ボタンを押すだけです。

※ファイルの添付も可能

返信

このように、Swingmailの1画面内で、連携させたすべてのアカウントの受信メール確認&返信を完結できます。

サービスの統合

 同じ人物が複数のサービス(例:gmailとTwitterDM)を利用している場合、それらも全部ひっくるめてひとまとめに管理できます。

トップ画面の「連絡先」タブをタップすると、やりとりがある人の連絡先が表示されます。その中から選択すると、「コンタクト情報」画面に移ります。 サービスの統合1

「連絡先を追加」を押すと、予測統合先が表示されます(検索窓に統合したい人物のアカウント名を入力しても表示されます)。

表示された連絡先を選択し、画面右上の「追加」を押すと、2つのアカウントが1つの連絡先に統合されます。

サービス統合2

この状態でトップ画面から受信メッセージを確認すると、同一チャット内に2つのサービスのメールがまとめて表示されます。

まとめ

これでメールがすっきりしたと思います!

「LINE」と「gmail」と「Twitter」と………と色々あったのが、「LINE」と「それ以外」という2つだけにまとまったかと思います。

これだけでもかなり便利ですよね〜。

使い方自体はまったく難しくはないし、無料で使えるということもあるので、気軽に使ってみてはどうでしょうか!

また今後、連携できるサービスが増えたり機能が拡充されたりしたら、その都度追記していこうと思います。

それでは!

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です