鹿児島・男一人旅の超おすすめモデルコース!観光・グルメに盛りだくさん!

どうも、一人旅大好きユウスケです。

鹿児島県に一人旅へ行ってきたんですけど、もうね、最高でしたわ。南九州完璧すぎる。

時期が3月の下旬で、かなり心地いい気候だったということもありますが、行程もなかなかよかった。

というわけで、僕が最高の時間を過ごせた、鹿児島への男一人旅(2泊3日)について報告します!

鹿児島で一人旅してみようかなあと考えてる方は、ぜひ僕のプランを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

旅の目的

今回の旅の目的はこんな感じ。

・黒豚とんかつが食べたい
・本場のさつま揚げが食べたい
・本場の芋焼酎が飲みたい
・霧島温泉に行きたい
・砂風呂に入りたい
・ゆっくりしたい

僕は食べることとお酒を飲むことが大好きなので、グルメをメインに据えました。

あと最近は温泉の良さもわかってきたので、やっぱり霧島の温泉郷にも行ってみたいなあと。

そして何より、今回の旅行はゆっくりのんびりすることが一番の目的です。

あまり予定を詰めすぎず、ゆる〜く過ごしますよ!

大阪からは飛行機で鹿児島へ

関空から鹿児島空港へ

大阪から行く場合は、新幹線と飛行機の2択になります。

僕は飛行機を選んだのですが、その理由は2つあります。

  1. 移動時間が短い(大阪からは70分で着く)
  2. skyticket(スカイチケット)でLCCを取れば約5,000円で済む

新幹線の場合、大阪➡︎鹿児島は4時間以上かかります。飛行機ならその1/4(約70分)で済みます。

また、skyticket(スカイチケット)というチケット予約サイトを利用すると、LCC(ピーチ)のチケットが片道で約5,000円で買えました!

なので僕は断然、安くて速い飛行機で行くことをオススメしますね!

関空からピーチに乗る時は注意が必要!

関空からピーチを使って行く場合は、少し注意が必要です。

ターミナルの場所がややこしかったり、空港内でバスに乗らなければならなかったりと、初めて利用する時は高確率でテンパります。

関空からのピーチの乗り方についてまとめていますので、知らない方はぜひご一読を!

いざ出発!

関空から飛行機で鹿児島空港へと向かいます!

関空ピーチ

かなり雲行きが怪しい。笑

ちなみに僕はこれまで何度か一人旅をしましたが、見事に全て雨に遭ってるので、もう嫌な予感しかしませんッ!!

********************************************

70分のフライトを終え、鹿児島空港に到着しました。

鹿児島空港

嫌な予感は的中。ザーザー降りでございます。

だからと言って落ち込んでるようでは一人旅のド素人!

こういう時は「雨の鹿児島を楽しめるぞ!よっしゃ!」と考えると良いです。

例えば前に金沢へ一人旅に行った時も雨だったのですが、雨に濡れたひがし茶屋街がものすごく神秘的で感動しました。

雨の時しか楽しめない景色・風景も必ずあります。

そういう別の視点からの楽しみ方を自分の中に持っていると、どんな状況でも一人旅を楽しむことができますよ!

一人旅の心構え

雨ならではの楽しみ方を考えよう!

鹿児島空港からはレンタカーがベスト

鹿児島レンタカー

鹿児島空港からはレンタカーを利用するのがおすすめ。

ちなみに、1日目の予定は以下のとおり。

  1. 霧島神宮
  2. 霧島温泉郷(さくらさくら温泉)
  3. 鹿児島中央駅(ここで車返却)

鹿児島空港は霧島市というところにあるので、霧島温泉に比較的近いのですが、交通手段がないんですよね。

鹿児島空港には鉄道の駅がないので電車は使いづらいし、バスも本数がかなり少ないです。

なので、鹿児島空港からはレンタカーを使うのが良いですね!

レンタカーの詳細

・ルート:鹿児島空港➡︎霧島神宮➡︎さくらさくら温泉➡︎鹿児島中央駅
(鹿児島中央駅で乗り捨てします)
・借りるのは7時間くらいでちょうどいい
(僕の場合は9:00〜16:00

じゃらんレンタカーで予約したらポイントが貯まりますよ〜。

宿も一緒にじゃらんで予約して、ポイント割引でちょっとでも安くしよう!

空港から送迎バスあり!

鹿児島空港から各レンタカー会社の営業所までは、ちょっと離れた場所にあります。

そのため、鹿児島空港から無料の送迎バスが出てます。

空港に到着したら、まずはレンタカー会社に連絡し、指示に従いましょう!

レンタカーバス乗り場

▲空港のバス乗り場のすぐ近く!

霧島神宮

まず一つ目に訪れるのは霧島神宮。

鹿児島空港から車で約40分です。

信号がほとんどないので、ストレスなくスイスイ走れます!

※険しい道ではないのでご安心を

雨のドライブ

▲雨のドライブ!安定の雨男!

ブイブイ走らせて霧島神宮に到着!

到着時刻は午前10時前でした。

駐車場はめちゃくちゃ広いので、たぶん満車になることはないはずです。

霧島神宮駐車場

▲奥も全て駐車場です

駐車場横に温泉が湧いてました。

さすが日本有数の温泉地です。

霧島神宮の温泉

▲湯気がモクモクと立ってます!

早速中へと入っていきます。

石段が雨に濡れていい感じ。趣がありますね〜(ポジティブシンキング!)。

霧島神宮の石段

朱色が綺麗な鳥居です。美しい。

厳かな雰囲気が漂っていて、なんとなくピシッと身が引き締まります。

霧島神宮の鳥居

鳥居の傍にさざれ石を発見!

君が代の歌詞に出てくるあの石ですね。

さざれ石 さざれ石

鳥居をくぐって本殿へ。

すごく神秘的な雰囲気に包まれてます。

霧島神宮本殿

本殿の敷地内で一際目立ってるのが、大きな御神木(=杉の木)です。

存在感がハンパない…。

これはすごいパワー秘めてそうやで!

霧島神宮の御神木

▲すごい迫力です

霧島神宮の御神木

手水舎(=水で身を清めるところ)が特徴的でした。

出てるのは冷たい水かと思いきや、なんと温かいお湯でした!

さすが温泉地。

霧島神宮の手水舎

お賽銭をして、「この旅行が楽しくなりますように」「明日からは晴れますように」とお祈りをしました。

雨の霧島神宮もなかなか風情があってよかった!

でも、傘差しながら写メ撮るの難しいから、やっぱり晴れてる方がええな!

霧島神宮本殿 霧島神宮本殿
一人旅の豆知識

一人で傘を差しながら写メ撮るのはむずい!

参拝にかかった時間はだいたい40分ほど。

午前11時前に霧島神宮を出発し、次の目的地「さくらさくら温泉」へと向かいました。

さくらさくら温泉

「さくらさくら温泉」は、霧島温泉のひとつ。

霧島といえば九州有数の温泉地。鹿児島を旅行するとなったら絶対に外されへんスポットです。

さくらさくら温泉の特徴は「源泉泥湯」を堪能できるところ。霧島エリアでは珍しいタイプの温泉らしいです。

温泉宿やけど、日帰り&温泉のみの利用OKなのが嬉しい!

➡︎「さくらさくら温泉」公式ホームページ

霧島神宮からは車で5分!

霧島神宮からさくらさくら温泉は、車で5分くらいの距離。めちゃ近い!

11:00前に霧島神宮を出発し、11:00に温泉に到着しました。

温泉入口

シンプルで落ち着いた外観。

ゆっくりできそうな気配が漂ってます。

外観

入口脇にある霧島神水と鹿おどし。

したたる綺麗な水と「カーーン」と鹿おどしの鳴る音が、温泉の良い雰囲気作りに一役買ってます。

気持ちが高ぶってきました!

霧島神水 鹿おどし

¥700という激安っぷり

中に入り、受付の券売機を見てびっくり。

なんと入浴料はたったの¥700!

地元のスーパー銭湯でもそれくらいするのに。有名な温泉地でこの値段はめちゃくちゃ安い!

財布に優しい温泉です。

スポンサーリンク

天然泥湯を堪能

受付でロッカーキーをもらって、早速温泉へ。

時間は11:30。完全貸切状態でした。

平日というのもあるかもしれませんが、昼前に行くのは狙い目かもしれませんね〜。

渡り廊下 男湯

男湯は内風呂と露天風呂が1つずつあって、特に露天風呂がすごく良いんです!

まず、お湯が濁ってて底がまったく見えません。ほんまに何も見えません。

中にちょっとした段差があるので、慎重に入らないとコケます(僕はコケました)。

良い感じに鼻を刺激する硫黄の香りも心地いい!

ロケーションも完璧なんですよね〜。

山奥やから緑に囲まれてて、聞こえる音は葉っぱがカサカサ揺れる音と、鳥の鳴き声のみ。

そこにこの、グレーに濁ったお湯と湯気の漂う神秘的な泥湯ですよ。

「あ、ここは桃源郷や」と本気で思いましたね。

(自分で写真撮られへんのが残念すぎる…)

濁ったお湯なんやけども、粘り気があったりトロッとしてるとかは全くない、さらっとしたお湯です。

温度は若干ぬるめ。40℃ちょっと切るくらいかな。

なので、のぼせることなくひたすら入ってられます。気付けば露天風呂だけで50分間も入ってました!

時間を忘れて、何も考えず、無の状態を楽しむ。

こういう過ごし方ができたのは生まれて初めて。

あまりの心地良さに「もう一生ここから出たくない…」と心底思いました。

はあ最高。

女湯には天然泥パックも!

これは女湯限定なんですが、天然の泥パックができるそうです。

美容効果だけでなく、発汗作用でダイエットにも効果があるんだとか。

女性には嬉しいサービスですね!

とはいえ個人的には、泥湯パックは男湯にもあっていいんじゃないかなぁと。

美容志向ではないけども、面白そうやから単純にやってみたい!と思ってたんで、女性限定と知った時はちょっと残念でした。

湯上り後のランチバイキングで人生の絶頂に

温泉から出たら、施設内の食堂「さくら庵」でランチバイキングを頂きました。

これまた¥1,000/60分というお値打ち価格。どこまでも良心的ですね!

ランチメニュー

バイキングのメニューは洋食・和食など、幅広く取り揃えられています。

野菜を使った料理も多くて健康的!

大好きな山菜とさつま揚げがあったので、大量に頂いておきました。

ランチ1 ランチ2 ランチ3

昼からゆっくり温泉に入って温まり、それからゆっくりご飯を食べてくつろぐ。

これ以上贅沢なことはありません。

もしここに生ビールが加わってたら、気持ち良すぎてポックリ逝ってたかもしれません。

車でよかった〜命拾いしました。

➡︎「さくらさくら温泉」公式ホームページ

鹿児島中央駅へ出発

さくらさくら温泉を後にし、次は鹿児島中央駅に向かいます。

車での所要時間は1時間15分ほど。

レンタカーの使用時間は16:00までで契約していたので、余裕を持って14:00くらいにさくらさくら温泉を出発しました。

しばしドライブタイムです。

 

菜の花

▲道中に菜の花が咲いてました。キレイ!

桜島

▲桜島も見えました。大迫力。

鹿児島中央駅

15:00過ぎに鹿児島中央駅前のレンタカー営業所に着き、車を返却しました。

※だいたいどこの営業所も駅の近くにあると思います。

そして歩いて鹿児島中央駅へ向かいました。

鹿児島中央駅

鹿児島中央駅に到着し、駅構内のお土産屋が集まっている「みやげ横丁」をのぞいてみることに。

鹿児島中央駅は九州新幹線の終着駅のため、中は結構混雑してました。

鹿児島中央駅のみやげ横丁

鹿児島の名物といえば、黒豚・地鶏・さつま揚げ・芋焼酎など、お土産として買って帰りたい物が本当にたくさんあります。

ただ、旅行中は何が起こるかわかりません。

何らかのハプニングで、「お土産を見れる時間が全然確保できなかった」なんてこともあり得ます。

なので、あらかじめ時間がある時に、お土産を下見程度だけでも見ておくのがいいですよ〜。

一人旅の豆知識

お土産は時間がある時に下見(購入)しておくべし!

宿泊するホテルへ

1泊目は「セントイン鹿児島」というビジネスホテルに泊まりました。

鹿児島随一の繁華街である天文館地区に近く、かつ3,600円という破格の値段が決め手となりました。

セントイン鹿児島は、鹿児島中央駅から鹿児島市電で行けます(最寄り駅:高見馬場駅)。

市電での所要時間は6分です(徒歩でも行けないことはない)。

鹿児島市電

格安ですがボロボロとかではなく、結構普通のビジネスホテルでした。

素泊まりで問題ない方には、コスパが良いのでオススメです。

セントイン鹿児島

天文館で夜ご飯

夜ご飯は、ホテル近くの「天文館エリア」で。

南九州一の繁華街、数々の飲食店が立ち並ぶ明るい商店街です。

迷いに迷い、たまたま見つけた雰囲気の良さそうな居酒屋「折り紙」に入りました。

折り紙

店内はおしゃれ・綺麗でカップルがたくさんいました。

最近できた新しいお店かな〜?

▼霧島産鳥刺し(甘くてプリプリ。にんにくとの相性が良過ぎる。)

霧島産鳥刺し 霧島産鳥刺し

▼菜の花のアンチョビガーリック(苦味がたまらん。クセになる美味さ。)

菜の花のアンチョビガーリック

▼酒盗(酒がぐびぐび進む危険な一品。)

酒盗

▼胡麻サバ(漬けのサバと胡麻が最高にマッチしてて美味い。)

胡麻サバ

ひとりでぼーっと食べてると、店員さんが話しかけてくれました。

店員
旅行ですか?

はい、一人旅です!

店員
どこを見て回る予定ですか??

フェリーで桜島に行こうかと!

店員
桜島に行っても、特に何も無いんですよね(笑)外側から眺めるのが一番良いかと。

あ、そうなんですかwじゃあやめときますw

というわけで、翌日に桜島へ行くのはやめることにしました。

行って何もすることがなく、すぐに引き返すだけにならずに済みました…。

地方のお店で店員さんと話すと、地元民しか知らない情報が得られるので良いですね。

鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店

飲んだ後は、名物の鹿児島ラーメンでしっかり締めましょう!

▼黒豚自家製とろとろワンタンメン(濃厚やけど重くない。博多とんこつよりもあっさりで〆向き!)

鹿児島ラーメン 鹿児島ラーメン 鹿児島ラーメン 鹿児島ラーメン

ワンタンもチャーシューも、名前のとおりめちゃくちゃとろっとろ。

スープも意外にあっさりしてて、ごくごくと飲めました。個人的には大好きです!

スポンサーリンク

薩摩藩士の銅像巡り!

2日目は、幕末に活躍した薩摩藩士の銅像を巡ります(そんなに日本史に興味無いけどw)。

藩主の島津氏や、西郷隆盛の銅像を見てまわります。

だいたいは照国神社周辺にある

天文館通りから歩いて行ける距離に照国神社という神社があって、銅像はだいたいその周辺に位置しています。

照国神社からスタートして全部見終わるまで、約40〜50分くらいでした。

▼照国神社

照国神社 照国神社

▼島津久光

島津久光

▼島津忠義

島津忠義像

▼篤姫

篤姫

▼西郷隆盛

西郷隆盛

▼小松帯刀

小松帯刀

鹿児島中央駅へ

銅像巡りが終了したので、次は鹿児島中央駅へ向かいます。

天文館通りから鹿児島中央駅までの間に「大久保利通像」があるようなので、寄っていくことにしました。

電車は使わず、駅まで歩いて向かいます。

▼大久保利通

大久保利通

天文館エリアから鹿児島中央駅までは、大久保利通を経由して、徒歩でだいたい25〜30分でした。

キャリーバッグを引きながらこの距離を歩くのは、ちょっとしんどかったかな…。

鹿児島中央駅周辺でランチ!

時間もちょうどよかったので、鹿児島中央駅周辺でランチを摂ることに。

鹿児島県といえば黒豚!

というわけで、2日目のランチは黒豚とんかつに決定!

スポンサーリンク

とんかつ川久

鹿児島中央駅から徒歩3分。

人気の高い黒豚とんかつの名店です。

 

11時半をちょっと過ぎた頃に行ったらすでに満席で、待ちも5組ほど発生していました。

開店は11時半なので、それに合わせて行くか、少し早めに到着しておくのが賢明ですね。

黒豚ヒレカツ

▼カラッと揚がっててジューシー!柔らかくて甘みの強いとんかつです!

黒豚ヒレカツ

▼ゆず味噌、醤油、とんかつソースの3種類のソースで頂きます

とんかつ川久 とんかつ川久

▼肉厚!噛めば噛むほど黒豚の旨味がじわーっと出てきます!

とんかつ川久

夜ご飯を調達

2日目の後半は指宿(いぶすき)という地域に向かうのですが、指宿はかなり田舎で飲食店があんまり無いんですよね。

行ってからウロウロとさまようのも嫌なので、鹿児島中央駅にある「みやげ横丁」という買い物エリアでお弁当を買って持参することにしました。

鹿児島男一人旅

指宿へ!

夜ご飯を買ったら、次は指宿へ向かいます!

鹿児島中央駅からは、JR指宿枕崎線で1時間〜1時間20分ほど。

ちなみに、指宿へ行くのは「砂むし風呂」が目的です。

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

▼車窓からの景色。海沿いを走るのが最高です。

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

指宿駅に到着!

指宿駅に到着しました。

鹿児島男一人旅

がらんとしたホーム。

田舎感がすごいです。味があっていいわ〜。

鹿児島男一人旅

駅を出ると、すぐ目の前に足湯がありました。

さすが温泉地です。

鹿児島男一人旅

あまりにも気持ち良くて、気付いたら1時間くらい足湯でぼーっとしてました。

時間のことを気にせずただただゆっくり過ごせるのも、男一人旅の醍醐味のひとつです!

鹿児島男一人旅

ちなみにこの先の宿方面は、コンビニが1軒もありません。

何か買う必要がある場合は、駅近くのセブンイレブンかファミリーマートで済ませておくことをおすすめします。

指宿民宿 千成荘

荷物を置くために、一旦宿へ行くことに。

今日泊まるのは「千成荘」という民宿です。

鹿児島男一人旅

指宿駅からは徒歩15分ほど。

駅からは少し遠いですが、目的である砂むし風呂の施設と近所なので、それが理由で選びました。

部屋はこじんまりとした和室。

そんなに広くはないですが、清潔感があるので快適です。

鹿児島男一人旅

お値段は1泊朝食付きで4,800円くらい。

安くて部屋もまあまあ良いので、一人旅に使うのにはもってこいだなあと思いました。

※夕食付きのプランもあります

砂むし会館 砂楽

宿でひと休みし、今日のメインの砂むし風呂へ!

「砂むし会館 砂楽」という施設へ向かいます。

千成荘からは徒歩5分ほどです。

鹿児島男一人旅

着替えやバスタオルなど、普通に温泉へ行く時に必要な物に加えて、ハンドタオルが必需品となります。

砂むし風呂で砂の上に寝転ぶ時に、頭の下にタオルを敷かなければならないので、そのために必要です。

砂むし風呂&温泉を堪能!

砂楽では、砂むし風呂→温泉という流れになります。

受付で砂むし風呂専用の浴衣が渡されるので、それに着替えて移動します。

鹿児島男一人旅

砂浜の小屋のようなところに真っ黒い砂がぎっしり敷き詰められています。

ハンドタオルを頭の下に敷いて砂の上に寝転がったら、スコップでざっくざっくと身体の上に砂が積まれていきます。

どんどんどんどん身体が埋まっていくのがちょっと怖かったです。笑

鹿児島男一人旅

完全に埋まりきってしばらくじーっとしていると、汗がじわじわとにじみ出てきます。

汗が出る目安はだいたい10分程度と言われますが、僕は10分経ってもあんまりだったので、40分ほど入っていたと思います。

さすがにそれだけ入っていると、ドバッと汗が出てかなりすっきりです。

スポンサーリンク

そして最後は温泉に入って汗を流しました。もう、最高です。

一人旅の豆知識

砂むし風呂→温泉は気持ち良くて最高。ただ砂むし風呂は、一人でじーっとしてても退屈。カップルとかで行くのが一番いいかも…笑

宿でゆっくりと夜ご飯を

温泉ですっきりし、宿へ帰って夜ご飯を食べました。

今日の夜ご飯は、鹿児島中央駅のおみや横丁で買ったお弁当とお惣菜。

一人でゆっくり過ごす時間が何よりも最高です。ぼっち大好き。

▼またまた黒豚。鹿児島の豚肉はほんまに美味い…

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

▼鹿児島名物のさつま揚げ。野菜たっぷり、ふわふわで濃厚。めちゃ美味い!

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

鹿児島中央駅へ

鹿児島男一人旅の最終日は、鹿児島中央駅でお昼を食べてお土産を買うだけです。

鹿児島市内は、特にこれといって行く場所は無いんですよね〜。

というわけで、まずはお昼ご飯を食べに行きました。

またとんかつ。笑

僕、とんかつ好きなんですよ。笑

せっかく鹿児島に来たんやから、もう1軒くらい行きたいなあ。ということで、最終日のランチもとんかつに決定!

とんかつ かつ寿 アミュプラザ店

鹿児島中央駅に直結してる商業施設「アミュプラザ」の中にあるとんかつ屋。

 

黒豚ロースカツ定食

前日のお昼はヒレカツだったので、今日はロースカツを食べることに。

▼立派なカツ!肉厚で衣もサクサク!

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

▼キャベツはおかわり自由!

鹿児島男一人旅

とんかつは全然飽きませんな〜。

何日でも連続で食べれるわ…。最高かよ。

スイーツもお忘れなく!

そういえば、鹿児島に来てからまだ一度も甘いものを食べてませんでした。

鹿児島のスイーツで忘れたらあかんのが「しろくま」ですよね!

天文館むじゃき アミュプラザ店

天文館むじゃきは、しろくまの本家らしいです。

そのお店が、お昼のとんかつ屋と同じ「アミュプラザ」内にありました。

これは行くしかない!

鹿児島男一人旅

 

しろくま(M)

迷わずしろくまを注文。

サイズはMサイズにしました。

▼フルーツがいっぱい乗ってて豪華!かき氷もさっぱりした甘さが良い!

鹿児島男一人旅 鹿児島男一人旅

お土産を購入

旅の最後は、鹿児島中央駅の「おみや横丁」でお土産を買います。

鹿児島名物のお土産は、ベーコン等の黒豚の加工食品やさつま揚げ、ボンタンアメなんかが定番かなあと。

さつま揚げは真空パックでパッケージングされているのでオススメです!

鹿児島空港へ

鹿児島中央駅から鹿児島空港まではシャトルバスが運行しています。

予約は不要で、ターミナルでチケットを買えば乗車可能。

5分〜15分くらいの間隔で出てるので便利ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回の「鹿児島男一人旅」は、理想をこんな感じで決めてました。

・黒豚とんかつが食べたい
・本場のさつま揚げが食べたい
・本場の芋焼酎が飲みたい
・霧島温泉に行きたい
・砂風呂に入りたい
・ゆっくりしたい

いやもう、しっかり理想どおりの一人旅ができたなあと。

これは完璧でした!

ただ、やっぱり砂むし風呂は、一人ではなく友達とかカップルで行った方が退屈でなくていいですね。笑

まあ、別に一人でも楽しいけど!

とにかく一人旅としては優秀なプランだったと思うので、鹿児島で一人旅する際は、ぜひこのプランを使ってみてください!

このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です