【青春18きっぷ男一人旅】おすすめモデルコースを詳しくご紹介!

スポンサーリンク










ユウスケ
こんにちは!ユウスケです。

先日「青春18きっぷ」を使って、中国・四国地方と九州を回る一人旅をしてきました!

今日はその全容を詳しくお伝えします!

 

旅の概要

<旅行者>
ユウスケ(26歳♂)

<期間>
2017.8.27〜8.31(5日間)

<順路>
大阪発→兵庫→岡山→香川→愛媛→大分→福岡→山口→島根→鳥取→岡山→兵庫→大阪着

<旅の主旨>
観光、グルメ

 

ちなみに今回の旅行は、全くのノープランで挑みました。

順路も宿も、事前に何も決めずです。

 

1日でどれくらい進めるのか検討もつかなかったので、その場で決めた方が良いと思ったんですよね。

あと、そんな行き当たりばったりの冒険をした方が楽しそうやし!

 

ユウスケ
はらはらドキドキやで!笑

 

青春18きっぷとは?

旅行記の前に、念のため「青春18きっぷとは何ぞや?」について書き記しておきます。

調べてみて初めて知ったこともたくさんあったので、青春18きっぷを初めて使うという方はぜひ一度目を通してみてください!

スポンサーリンク

 

18歳以上でも使える

青春18きっぷという名前から「18歳以下の学生しか使えないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

年齢は無制限、誰でも使うことができます。

 

JRの普通列車に乗れる

乗れる電車はJR6社(JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州)の普通列車です。

ちなみに「普通列車」とは各駅停車という意味ではなく、運賃だけで乗れる列車のこと。

なので快速列車も含まれます。

特急は運賃以外に「特急料金」が発生するので乗れません

 

5日間乗り放題で¥11,850

青春18きっぷの価格は¥11,850。これでJRの普通列車が5日間乗り放題です。

1日分を計算すると、

11,850 ÷ 5 = 2,370

つまり1日で運賃¥2,370以上の区間を利用すると元が取れることになります。

 

販売&利用期間は決まっている

青春18きっぷはいつでも使えるわけではなく、販売期間と利用できる期間がそれぞれ決まっています。

ちなみに2017年は以下の期間でした。

 

【春季】
発売期間:2017年2月20日(月)~  2017年3月31日(金)
利用期間:2017年3月01日(水)~  2017年4月10日(月)

【夏季】
発売期間:2017年7月01日(土)~  2017年8月31日(木)
利用期間:2017年7月20日(木)~  2017年9月10日(日)

【冬季】
発売期間:2017年12月01日(金)~  2017年12月31日(日)
利用期間:2017年12月10日(日)~  2017年01月10日(水)

 

発売期間の間に、みどりの窓口(もしくは券売機)で購入します。そして利用期間で5日利用することができます。

ちなみに連続で5日間使う必要はなく、1日ずつの利用が可能です。

来季への繰越はできません。同年内に使い切るように!

 

券売機で青春18きっぷを購入!

今回は夏季の利用ということで、2017年8月25日に青春18きっぷを購入しました。

券売機から出てきたのは以下の7枚です。

 

  1. ご案内1
  2. ご案内2
  3. ご案内3
  4. ご案内4
  5. アンケートの案内
  6. アンケートの注意点
  7. 青春18きっぷ

 

実際に旅行で使うのは⑦のみ。

「青春18きっぷ」と書かれた券1枚です。

青春18きっぷ男一人旅

このきっぷは改札機に通せないので、窓口で駅員さんに見せて改札を出入りします。

使う日の一番最初に改札を通る時に、きっぷに日付スタンプが押されます。スタンプが5日分貯まると利用終了です。

 

ついに購入してしまいました…!

初めての青春18きっぷの一人旅。

どうなるのかな〜ワクワクです!

スポンサーリンク

 

【1日目】2017.8.27(日)

青春18きっぷ一人旅の1日目。

どこまで行くかは未定のまま、とりあえず5日分の旅行セットだけ持って家を出ました。

 

大阪在住であるため、旅の起点となるのはJR大阪駅です。

できるだけ遠くまで行きたいと思っていたので、朝早く大阪駅を出発することに。

 

ただ、ぼくが住んでいるのは岸和田市という南部の町。

JR大阪駅からは結構遠いので、大阪を早く発つには、始発電車に乗って行くしかありませんでした…。

 

ユウスケ
4:47発!初日からハードやで!

 

5:59 大阪駅着

ユウスケ
さて、どこへ行こう…

今回の一人旅は何から何まで無計画。

西なのか東なのか、それさえも決めずに家を出たんですよね。

 

さすがにこれはマズいということで、電車の中でいろいろ検討して、向こう5日間の天気が良さそうな西日本へ進むことに決定。

とりあえず方向性だけ決め終えたところで、5:59に大阪駅に到着しました。

青春18きっぷ男一人旅

 

6:25 大阪駅を出て姫路へ

駅コンビニで買ったおにぎりで朝食を済ませ、6:25発のJR神戸線・姫路行きに乗って兵庫県の姫路駅へと向かいます。

青春18きっぷ男一人旅

所要時間は1時間30分。

これくらいなら、まだ余裕やな!

 

▼車窓から海が見えるとテンションが上がる!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼明石海峡大橋も見えました

青春18きっぷ男一人旅

 

7:56 姫路駅着

大阪駅を出て1時間30分後、姫路駅に到着しました。

青春18きっぷ男一人旅

調べてみると、姫路駅から岡山駅まで行く電車が出ているようです。

さらに西へと進むべく、JR山陽本線で岡山へ向かうことに決めました。

 

8:01 姫路を出て岡山へ

運良くすぐに電車があったので、8:01発の岡山行きの電車に乗り込みました。

所要時間はまたもや1時間30分。

トイレが心配だったので、乗り換えの5分間で急いでトイレに行っておきました。

 

たぶん電車内にトイレはあったと思いますが、念のため。

途中下車してしまうと、本数が少ないため次の電車が来るまでかなり待つことになります(1時間待ちとかはざらにある)。

これではあまりにもロスが大きくなってしまうので、トイレには十分気をつけたほうがいいですね。

 

▼昭和感が漂う車両です

青春18きっぷ男一人旅

 

▼田舎道をひたすら突き進みます。のどか!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

9:29 岡山駅着

9:29、岡山駅に着きました。

青春18きっぷ男一人旅

電車の中で、次の行き先のことを考えていました。

岡山からの選択肢は2つ。

  • そのまま中国地方を西に進む(広島へ)
  • 瀬戸大橋を渡って四国へ入る(香川へ)

迷いに迷った末、愛媛県に行ったことがなかったので、四国へ行くことに決めました。

 

ただ、ここで小さなミスをしてしまいました。

青春18きっぷ男一人旅

マリンライナーという電車は、自由席なら青春18きっぷでも乗れることを知らず、見送ってしまいました。

そして、わざわざ次の各駅停車に乗ることに…。

青春18きっぷでJR瀬戸大橋線を使う時は、止まる駅の少ないマリンライナーを使うのが便利だということを覚えておいてくださいね!

 

各駅停車の発車時刻は10:37、今からあと1時間もあります。

ということで、岡山駅から一旦出て時間つぶしをすることに。

駅周辺をぷらーっと散歩しました。

 

▼岡山といえば桃太郎のまち

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼名産品は果物!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼高島屋でトイレを借りました

青春18きっぷ男一人旅

 

10:37 岡山県から香川県へ

時間が来たので、JR瀬戸大橋線に乗って四国(香川県)に向かいます。

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

終着駅の観音寺までは行かず、途中の宇多津駅で降りてお昼ご飯を食べることにしました。

岡山駅から宇多津駅までは、各駅停車で50分です。

車内にトイレは付いてないので、乗る前に済ませておくのを忘れずに!

 

▼乗客は少なめ

青春18きっぷ男一人旅

 

▼しばらく田舎道を走り

青春18きっぷ男一人旅

 

▼瀬戸大橋を渡ります。圧巻の景色!(動画・音あり)

 

11:27 宇多津駅(香川県)に到着

瀬戸大橋を渡り、香川県の宇多津駅に着きました。

青春18きっぷ男一人旅

香川県といえば、うどんです!

電車の中で検索し、宇多津駅すぐにあるうどん屋さん「讃岐の味 塩がま屋」でお昼を食べることに決めました。

 

▼宇多津駅からは徒歩約2分。すぐ目の前です!

青春18きっぷ男一人旅

日曜のお昼時だったので、少し混んでいました。

人気店のようです!

30分くらい待ってようやく入れました。

 

▼オリーブ牛のおろしぶっかけ

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
程よいコシの強さのTHE 讃岐うどん。

肉厚のオリーブ牛が贅沢!

 

▼香川県のもうひとつの名物「骨付鳥」

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
皮はパリッと香ばしく、にんにくがしっかりきいててめちゃうまい!

 

▼店舗情報

 

 

12:27 宇多津駅を出発

お昼休憩を終え、13:35に宇多津駅を出発しました。

香川県から愛媛県へと向かいます。

 

ここからがなかなか厳しい道のり。

宇多津駅から最終の松山駅までは46駅、所要時間はなんと4時間17分です!

早速、青春18きっぷの洗礼を受けました…。

 

ちなみに、車内にトイレは付いてないので乗る前に必ず済ませておいてください!

注意!

JR宇多津駅の中にトイレはありません!僕は「駅で行こう」と思ってて失敗しました。

 

車内にトイレは無いけど、途中で特急列車の通過待ちで20〜30分ほど停車する機会があるので、ずっと降りられないわけではありません。

 

▼車窓からの眺め。田園風景が広がっています。

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼瀬戸内海のすぐそばを走ります。海が近い!

青春18きっぷ男一人旅

 

14:27 観音寺駅に到着

香川県の観音寺駅に着きました。

青春18きっぷ男一人旅

特急列車の通過待ちのため、ここでは15分間停車しました。

この15分はありがたかったな…。

そして、14:42に観音寺駅を出発しました。

 

ユウスケ
今日はどこまで行こうかなあ。

あ、そういえば宿も決めなあかんわ!

 

「西に進む」以外なにも決めてないことを思い出し、

電車の中で、急いで初日の最終目的地と宿泊先を決めることに。

 

移動時間や翌日のことを考慮して、初日は愛媛県の松山市に決定!

宿も無事に取れました!

 

14:52 伊予西条駅に到着

愛媛県の伊予西条駅に着きました。

青春18きっぷ男一人旅

特急列車の通過待ちのため、ここでは約30分停車しました。

車内で待つのも暇なので、駅の外に出てみることに。

 

▼駅のすぐ前にある観光交流センターへ

青春18きっぷ男一人旅

 

▼西条市の神輿が飾られています

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼伊予柑アイスが売ってました。もちろん食べます。

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

愛媛県の西条市。

青春18きっぷの旅をしてなかったら、たぶん一生来ることがなかっただろうなあ。

これぞ青春18きっぷの醍醐味!

 

▼その後もずーっと田舎道

青春18きっぷ男一人旅

 

▼途中、車内はガラガラ

青春18きっぷ男一人旅

 

▼夕日がキラキラ反射して綺麗!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

17:18 松山駅に到着

ひたすら電車に揺られ、17:18にようやく松山駅に着きました。

長かった…

疲れたので、まずはホテルへと向かいます。

 

ネストホテル松山

1日目は「ネストホテル松山」に泊まりました。

松山駅からは、市電に乗って行けます(最寄り駅は勝山町駅)。

青春18きっぷ男一人旅

部屋は清潔感があってとても綺麗で、かつ値段も¥5,000前後とリーズナブル。

一人旅に使う宿としては十分すぎました!おすすめです!

 

道後温泉へ

松山に来たからには、やっぱり道後温泉は行きたいところ。

長旅の疲れを癒すべく、再び市電に乗って道後温泉駅へと向かいました。

勝山町駅から道後温泉駅への所要時間は7〜8分です。

青春18きっぷ男一人旅

 

▼道後温泉駅

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅青春18きっぷ男一人旅青春18きっぷ男一人旅

 

▼商店街をまっすぐ進み、

青春18きっぷ男一人旅

 

▼3分ほどで道後温泉に到着!

青春18きっぷ男一人旅

 

道後温泉は入浴プランが複数あって、それぞれ値段が違います。

詳細は公式サイトを見てみてください。

ちなみに入浴のみの場合は¥410でした。予想以上に安かったです。

注意!

安いプランの浴場にはシャンプーやボディソープが置かれていません(有料)。

 

ユウスケ
やっぱり旅に温泉は必須やな〜。

さっぱり!最高や…!

 

商店街で夜ご飯

さっぱりした後は、道後温泉の商店街で夕食。

商店街にはお土産屋さんだけでなく飲食店も多数ありました。

 

なにを食べようかな〜とウロウロしていると、「鱧めし・鯛めし」というのぼりが目に入りました。

青春18きっぷ男一人旅

 

はい。即決定です。

 

イ◯(イマル)

愛媛の名産である鯛と鱧の料理が楽しめる居酒屋さんです。

旅行は地物も欠かせません!

 

▼鱧しゃぶ

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
めちゃくちゃ贅沢な食べ方!美味すぎる…減っていくのが惜しい…

 

▼鯛の塩たたき

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
弾力があってプリプリ。これは酒が進む!

 

▼鱧とうなぎのハーフ重

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
鱧の蒲焼きって珍しいな〜。淡白で美味い!これは欲張りには嬉しい一品や。

 

鱧も鯛も両方食べられて満足!

 

良い感じにホロ酔いになってホテルへと帰りました。

 

▼店舗情報

>>イ◯(ヒトサラ)

 

【2日目】2017.8.28(月)

疲れてたので、2日目の朝はゆっくりめに起床。

10:00のチェックアウトまで時間があったので、今日の予定を考えることに。

 

ここからの選択肢としては

  • 来たルートを戻る
  • 高知県に行く

の2つ。

四国から出るか、四国に留まるか。

ユウスケ
来た道を戻るのは何か面白くないなあ。

でも高知県は行ったことあるしなあ。

うーん、どうしよう…

 

どちらもあんまり気分が乗らなかったので、何か他に良い案がないか調べてみました。

そしていろいろ検索していると、愛媛県からフェリーで大分県まで行けることがわかりました。

ユウスケ
フェリー!面白そう!

 

というわけで、2日目はフェリーで大分(別府)まで行くことに決定!

別府市内のホテルも予約完了!

 

道後温泉で朝風呂

チェックアウト後は、まず風呂。

せっかく道後温泉に来たから、朝風呂にも入ることに。

昨晩に続き、また市電に乗って道後温泉に向かいました。

 

▼昨日ぶりです

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
「月曜日(平日)の朝」というのがまた気分が良い。笑

 

観光地というだけあって、平日にもかかわらず人は結構いてました。

それでも昨日(日曜)よりはゆっくり入れたからよかった!

 

道後温泉でお昼ご飯

朝風呂を堪能した後は、商店街でお昼ご飯。

お土産を見つつ良さげなお店を探していると、面白そうなお店を見つけました。

 

▼囲炉裏のお店らしい

青春18きっぷ男一人旅

▼かなり奥まったところに入り口が

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
入りづらいな…

と思いつつも、気になったのでここに決定!

 

サムライダイニング 炉(イロリ)

木を基調としたおしゃれなお店です。

▼座席は囲炉裏の掘りごたつ

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ランチメニューは以下の3つ。

  • 手まり寿司(¥1,480)
  • 鯛めし(¥1,380)
  • わっぱ弁当(¥880)

一番惹かれたわっぱ弁当を注文!

 

▼わっぱ弁当。温かみのある弁当箱です。

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
鯛の炊き込みご飯が美味しい!

 

▼デザートにはお餅が付いてきます。

青春18きっぷ男一人旅

 

▼店舗情報

 

10ファクトリー 道後店

ご飯を食べ終えてぶらぶらしていると、愛媛県ならではのお店を発見しました。

▼柑橘類製品の専門店「10 Factory」

青春18きっぷ男一人旅

伊予柑のジュースやゼリー、ジャムなど、さまざまな柑橘類のスイーツがあります。

どれも美味しそうなうえにめちゃくちゃおしゃれなデザインで、お土産にぴったりだと思いました!

 

10factoryにはイートインコーナーがあり、店内でジュースとジェラートが楽しめます。

ちょうど食後のデザートが食べたいなあと思っていた頃なので、ジェラートをいただくことに。

▼柑橘系の種類が豊富!

青春18きっぷ男一人旅

普段なかなか目にすることのない味ばかりだったので相当悩みました。

しばらく悩んで、「温州みかん×ヨーグルト」と「黒ごま」に決定!

 

▼欲張ってダブルに!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼「黒ごま」にはオレンジが練りこまれています!

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
こういう珍しいの大好物!

ここでしか食べられないんじゃないかな??

 

▼温州みかん×ヨーグルト

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
すっきりした甘みと爽やかな酸味のバランスが絶妙!美味しいッ!

 

▼店舗情報

 

14:36 松山から八幡浜へ

道後温泉を思う存分楽しみ、次は四国を出るべく愛媛県の八幡浜港へ。

八幡浜港からは、大分県の別府港に行くフェリーが出ています。

▼港の最寄りは八幡浜駅

松山駅から八幡浜駅までは、JR予讃線で約2時間です。

ユウスケ
所要時間が”2時間”とわかっても「短い!」と思うようになってきた。笑

 

▼海沿いをひたすら進みます

青春18きっぷ男一人旅

 

松山駅〜八幡浜駅の間に、下灘駅という有名な駅を通ります。

この駅は鉄道写真の撮影名所で、青春18きっぷのポスターやドラマ・映画のロケ地としても数多く使われました。

注意!

ここで途中下車してしまうと、次の電車は1時間後!なので、僕は車窓からの景色だけで止めておきました。

 

▼下灘駅からの眺め。絶景!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼さすが名スポット。9割がここで降りました。

青春18きっぷ男一人旅

 

▼海を過ぎたら今度は山と川

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

16:41 八幡浜駅に到着

2時間の長旅を経て、八幡浜駅に到着。

車窓からの景色がずっと綺麗だったので、あっという間の2時間でした!

 

駅から八幡浜港まではタクシーを使いました。

だいたい10分くらいで着きます。

バスの方が安かったのですが、フェリーの時間も迫っていたのでタクシーにしておきました。

 

16:55 八幡浜港に到着

八幡浜港に着きました。

着いてすぐに乗船券を購入!価格は¥3,100でした。

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

フェリーの出航時間は17:25。

この便を逃すと、次は20:30なので結構焦りました。

>>フェリーの時刻表はこちら

 

別府港に着くのは20:15。

約3時間の船旅です!

 

▼いよいよ乗船!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼ロビーでひと休み

青春18きっぷ男一人旅

 

▼広々とした2等客室

青春18きっぷ男一人旅

 

▼売店もあるよ!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼自販機も充実!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼出航!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼バイバイ愛媛!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼デッキをウロウロ

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼夕日が綺麗…!いい時間に乗りました!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼潮風が気持ちいい〜(動画・音あり)

 

▼日が落ちてきました。幻想的!

青春18きっぷ男一人旅

 

▼別府の街が見えてきた!

青春18きっぷ男一人旅 青春18きっぷ男一人旅

 

▼そろそろ降りるで〜

青春18きっぷ男一人旅

 

20:15 別府港に到着

船旅を終え、大分県の別府港に着きました。

青春18きっぷ男一人旅

 

お腹が空いているので、宿泊先のホテルの近く(JR別府駅付近)で飲食店を探すことに。

いろいろ調べてみると、ちょうどいい場所に居酒屋があるのを見つけたので即決定。

タクシーに乗ってお目当の居酒屋へと向かいました。

 

ろばた仁

タクシーに乗ること約10分、ろばた仁に到着。

地元では有名な居酒屋らしく、タクシーの運転手に店名を告げると店前まで行ってくれました。

青春18きっぷ男一人旅

 

▼とり天

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
大分に来たからには「とり天」は外されへん!

ちょっと酸味のあるタレと辛子の組み合わせが最高!とりもジューシーで美味い〜

 

▼イワシの刺身

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
ほんまは関サバと関アジが食べたかったけど、品切れで仕方なくこっちに。

身がプリプリで美味しい…箸が止まらない…。「仕方なく」なんて言ってごめんなさい!

 

▼あさりバター

青春18きっぷ男一人旅

ユウスケ
これは間違いなく美味い。酒が進む!

 

▼店舗情報

 

ホテルへ

別府での宿泊は「べっぷ好楽」というホテルで。

翌日のことを考え、JR別府駅から近い場所にしておきました。

ろばた仁からも徒歩5分ほどで着きます。

狭い部屋だったので、¥4,320と安く取ることができました。

ただ安いのは良いのですが、建物内部が全体的に薄暗く、部屋の造りも古かったのでちょっと怖かったです。

別府駅付近にはたくさんホテルがあるから、そういうのが気になる人はしっかり吟味した方が良いですね!

 

前編まとめ(1日目〜2日目)

1日目と2日目のルートをおさらい!

【1日目】
大阪から岡山を経由して四国(香川県)に上陸。その後、一気に愛媛県の松山まで。

松山では道後温泉を思う存分堪能!

【2日目】
朝から昼過ぎまで道後温泉でゆっくり。

その後松山から八幡浜まで行き、フェリーで九州(大分県別府市)に上陸。

 

残りの3日間で、中国地方をゆっくりと周遊します!

続きに乞うご期待!

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です