【新型うつ】1.すべての始まり

新型うつの始まり

スポンサーリンク










2017年5月末に、

ぼくは会社を休職し始めた。

 

原因は「新型うつ」。

 

当ブログでは、

「新型うつ」について

ぼくが経験してきたことを書き記す。

 

ちなみに、

今もまだ闘病中だ。

 

微熱と頭痛

5月の平日の朝。

 

起きたら、

体がダルくて頭も痛い。

 

熱を計ってみると、

37.3度だった。

 

「あ〜風邪引いたか〜」

「でも、風邪とはちょっと違うような気もするけど」

「喉も痛くないし、はなも出ない、咳も出ない」

 

とりあえずその日は、

欠勤して1日ゆっくりすることに。

 

「まあ、寝たら治るやろ〜」

最初はそんな軽い気持ちだった。

 

スポンサーリンク

 

症状が一向に回復しない…

それから4日連続で、

ぼくは会社を休んだ。

 

一向に、

微熱と頭痛が治らないのだ。

 

おまけに、

倦怠感まで出てきた。

だるーい感じ。

 

さすがにちょっと心配になって、

近くの病院に行くことに。

 

微熱と頭痛と倦怠感が続くことと、

一般的な風邪の症状が無いことを、

医者に伝えた。

 

そして念のため、

血液検査と脳のMRIを取ることに。

 

急に不安になった。

 

その日は、

普通の風邪薬を処方してもらって、

帰宅した。

 

結果、異常なし

数日後に、

検査の結果を聞きに病院へ。

 

ドキドキ。

 

もちろん、

その間も症状は続いていた。

 

そして、結果。

 

「異常は特にありませんね」

 

正直ほっとした。

 

でも、

原因がわからないことにモヤモヤした。

 

「疲労が溜まってるのかもしれませんね」

「もう少し様子を見ましょう」

 

効かない薬を処方され、

ぼくは家に帰った。

 

もしかして…?

どうしても原因が知りたかった。

 

原因不明の発熱と頭痛なんて、

やっぱりなんか怖い。

 

だから、

ググりまくった。

 

そして、

気になる記事を見つけた。

 

挙げられていた症状が、

ちょっと自分のそれに該当する。

 

そこに書かれていたのは

「うつ」だった。

 

「まさかなぁ」

 

そんなわけはあるまい、

と思いつつも、

なんか引っかかる。

 

これ以上、

内科に係っても仕方ないと思ったから、

ダメ元で心療内科へ行くことに。

 

ちょっと抵抗があるけど。

いや、かなり抵抗はあったかな。

 

調べてみると、

近くに心療内科のクリニックがあるようだ。

 

ぼくは勇気を出して、

そのクリニックへ行くことに決めた。

 

自分の体の異常を解決するために。

 

 

関連記事

その他「新型うつ」の記事はこちらから!

>>「新型うつ」について

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください