【レビュー】北欧の時計ブランド「PICTO」がシンプルで超絶オシャレ!

PICTOピクト

スポンサーリンク










どうも、時計大好きユウスケです。

先日、「PICTO(ピクト)」という北欧の時計ブランドの腕時計を購入しました。

何度か着けてみたんですが、文句なしに超絶オシャレです!

「え〜なにその時計!めちゃオシャレ!」

かなりの高確率でそう言われます。

まわりとはちょっと違った、個性的でオシャレで、かつシンプルな時計が欲しい方にオススメです!

PICTO(ピクト)とは?

ピクトウォッチは1984年、当時デンマークで父の機械工場を引き継いだばかりのスティーン・ゲオルグ・クリステンセンと、その友人であるアーリング・アンデルセンの「中世の教会や天文台に飾られた時計からインスパイアを受けた世界で初めてとなる回転式ダイアルのウォッチを作りたい」という一つのアイディアから始まりました。 ブランドの名前になっているこの「ピクト」とは、ある2つの意味をもちます。 1つはPICTOという言葉の起源、「Pciture (ピクチャー)」「Pictogram(ピクトグラム)」という言葉、視覚から捉えられる最もわかりやすい絵やサインで意味やメッセージをシンプルに伝達する、という意味が込められています。 例えば道路や建物の中で目にすることの多い標識や非常口のサインといったようなピクトグラムは世界の誰が見ても、そのサインが発するメッセージを瞬時に読み取ることが出来ます。
参照:http://www.nordicfeeling.jp/picto_concept.html

デンマークの老舗時計ブランドです。

「視覚から捉えられる最もわかりやすい絵やサインで意味やメッセージをシンプルに伝達する」というコンセプトが良いですね〜。素敵です。

スポンサーリンク

購入してみた

ひょんなことからPICTOの存在を知り、そのオシャレなデザインに一目惚れ。即購入に至りました。

それでは早速、僕が買ったPICTOの時計のお披露目タイムに移りましょう。

▼横長の箱に入っています。珍しいタイプ。この時点ですでにオシャレ!

PICTO

▼見よこの洗練されたデザイン。これでもか!!というくらいシンプルな文字盤が特徴的。

PICTO

▼色も黒と白で統一。美しい。超シンプルでかっこいい!

PICTO

▼右側の丸い黒点が短針。只今の時刻は15:33です。

PICTO

▼ベルトの素材はシリコンラバー。着けてることを忘れてしまうくらい軽いです。

PICTOピクト

▼良いアクセントが加わります。腕が寂しくなる季節にうってつけ!

感想

究極のシンプル、さすが北欧!

とにかくシンプルを極めてますね〜。さすが北欧ブランドです。

配色が白と黒の2色のみなので、どんな人でも使いこなしやすいかと思います。

また、色使いももちろんそうなんですが、やっぱり文字盤がインパクト大!シンプルを突き詰めると、逆に目立つんですね。笑

この時計を見た人は、漏れなく全員デザインについて突っ込んでくれました。笑

”さりげなく”オシャレを決め込みたい人にはめちゃくちゃオススメです!

時間がわかりにくい!

文字盤がとことんシンプルに作られている分、やっぱり見やすさは劣ります。

見てパッと時間を把握するのは難しいです。笑

あくまでデザイン重視の時計なので、切迫してて時間が気になる時の使用を避ければ、ほぼ問題はないと思いますけどね。笑

スポンサーリンク

まとめ

PICTOの腕時計、そのシンプルで洗練されたデザインにかなり惚れ込んでます。

さりげなく目立つってのがまた良いですね〜。

そう、あくまでさりげなく。

なかなか他ではない、ある意味奇抜なデザインなので、誰も持ってないような個性的な時計が欲しい人には大オススメです!

他にも、短針長針以外はすべて黒いデザインのものや、茶色いベルトのものなど、様々なデザインがあります。

いろいろ見てみたい方は、下のリンクから覗いてみてください!(クリックするとamazonのPICTOのページに飛びます)

>>【amazon】PICTOの時計を見てみる

スポンサーリンク










このブログの運営者

☆ユウスケ☆
1991年(ひつじ年)生まれ。
大阪在住のシステムエンジニア。
内向的で、超マイペース人間。
まわりの目を気にせずに
生きられるようになりたいな…。

>>ユウスケの詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です